車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

各自動車メーカーの世界戦略車の特徴やコンセプト

f:id:tkn2w:20170821141205j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

日本国内の各自動車メーカーは世界中に販路を拡大させていて、さまざまな国や地域でそれぞれの自社の世界戦略車を販売しています。
その背景には急速に進む少子高齢化で国内の市場が縮小し自動車の販売台数が減少傾向にあるからです。
自動車産業に限らずかつては日本国内の市場だけで成長を続けてきた多くの企業が、物が売れなくなり海外の市場を求めて世界各国で販路を拡大しています。
自動車メーカーも円高から海外に生産拠点を移転してきましたが、今では生産拠点だけでなく販売拠点も海外にシフトしつつあります。
そこで今回は日本の各自動車メーカーの世界戦略車について、その特徴やコンセプトなどを探ってみます。

 

自動車メーカーによって異なる世界戦略車の定義

 

そもそも世界戦略車とはグローバルカーとも呼ばれていて各自動車メーカーが、世界中で販売している基本的に同じプラットフォームの自動車のことを指します。
日本の自動車メーカーの場合はタイの工場で作っている車も日本国内用の自動車と輸出用の自動車と分けていますが、ヨーロッパの自動車メーカーの場合は最初から海外の市場向けに作られた世界戦略車がほとんどです。
ただ近年では日本の自動車メーカーも世界の市場に向けた設計に力を入れるようになっています。
世界戦略車も自動車メーカーによって特徴やコンセプトも異なっていて、販売に力を入れている国によってナンバープレートの取り付けスペースなども違います。

 

日本国内の各自動車メーカーの世界戦略車

 

トヨタの代表的な世界戦略車と言えば元々は中型車として発売されたカムリで、3代目のV20型からアメリカやオーストラリアで生産を開始し6代目からは海外での販売を前提に開発されているため、車幅はマークXや上位車種のクラウンより大き目に設計されています。
また「IMVプロジェクト」はトヨタの世界戦略の一つで東南アジアや南アメリカやアフリカなどの発展途上国のニーズに沿う車を生産し販売していくプロジェクトです。
生産される世界戦略車としてはピックアップトラックのハイラックスやミニバンのイノーバやSUVのフォーチュナーの3種があります。
日産自動車の発展途上国に向けた世界戦略車としてはコンパクトカーのダットサンGOやステーションワゴンのダットサンGO+や小型セダンのダットサンon-DOや小型ハッチバックのダットサンmi-DOなどのダットサンブランドを復活させています。

 

まとめ

 

スズキ自動車の海外戦略車は小型車のスイフトや小型SUVのエスクードやSUVのSX4で、軽自動車と小型車に特化した集中戦略で特にインドに注力しています。
日産自動車が筆頭株主になった三菱自動車はトライトンやパジェロスポーツやパジェロなどの新型車を世界戦略車として市場に投入しています。
日本の自動車メーカーのほとんどがタイなど生産拠点を海外に移し、世界中に向けて海外戦略車の開発に力を入れています。

usdm.shop-pro.jp

30年後の自動車業界を占う

f:id:tkn2w:20170821140955j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

30年後の自動車業界を占う前に30年前の世界の自動車業界を振り返ってみると、ゼネラルモーターズ・フォードモーター・クライスラーが世界の自動車メーカーのビッグ3と呼ばれていました。
ゼネラルモーターズはトヨタ自動車などとの競争に敗れて2009年6月1日に、連邦倒産法第11章の適用を受け倒産し国有化されました。
クライスラーも世界的な不況の影響からゼネラルモーターズと同年に倒産し、現在はフィアットが完全子会社化しています。
日本の自動車メーカーも日産自動車が1999年に約2兆円の負債を抱え倒産寸前になりフランスの自動車メーカーのルノーの傘下になり、三菱自動車も燃費偽装問題が原因で2016年に日産自動車が筆頭株主となりました。

 

10年後の自動車業界はどのようになっているか

 

安倍首相が2015年10月に東京オリンピックが開催される2020年には、東京で自動運転車が走り回っていると宣言しました。
これは東京オリンピックが開催される2020年までに自動運転タクシーを都内で走らせるという趣旨のようですが、現在の自動運転の試験状況から判断すると少し無理があるようです。
自動運転はレベル4ですが2020年までに、公道を自動運転車が走っているかも疑問です。
レベル4とは高速道路や大雨などの悪天候を除き、加速・操舵・制動といった全ての操作を自動運転車が行うレベルです。
10年後でも自動運転車が公道を走っているか微妙ですが、レベル4の自動運転車が開発されていることは十分に考えられます。

 

20年後の自動車業界はどのようになっているか

 

20年後であればレベル4の自動運転車が市販されている可能性が高く、公道をドライバーがいない自動運転車が走っているかもしれません。
もう一つの注目点はイギリスのゴーブ環境相が2017年7月26日に、ガソリン車とディーゼル車の新規販売を2040年から禁止すると正式に発表したことです。
地球温暖化対策を推進するフランス政府も2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を全廃する発表しました。
中国も排気ガスによる空気汚染問題は深刻で、いずれイギリスやフランスと同様にガソリン車とディーゼル車の規制を行う可能性が高いと思われます。

 

まとめ

 

30年後の自動車業界はもしかしたらフォードモーターもトヨタ自動車もフォルクスワーゲンも消滅して、グーグルが自動車業界に新規参入しテスラモーターズの電気自動車が自動運転で公道を走っているかもしれません。
なぜならば全ての自動車が自動運転になれば、どこの自動車メーカーでもほとんど変わらなくなるからです。
それとガソリン車とディーゼル車の販売が規制されれば、電気自動車の先駆者でもあるテスラモーターズの有利は否めないからです。

usdm.shop-pro.jp

 

充電が不要な日産の新型電気自動車「ノート」

f:id:tkn2w:20170821133251j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】


2004年9月2日に公開された日産自動車のハッチバック型のノートは、マーチなどにも採用されているBプラットフォームをベースに開発された日産の世界戦略車です。
2016年11月にこの日産のノートに新たに電動パワートレイン「e-POWER」が採用され11月の月間販売台数が1万5784台と、月間販売目標も1万台を大きく超え軽自動車も入れて国内の全てのモデルの中で首位になり話題になっています。
そこで今回はこの日産自動車が電気自動車の新しいカタチというキャッチコピーで世の中に送り出したノートを詳しく検証してみます。


ノートはガソリンを給油する電気自動車



日産のノートはEVと呼ばれる電気自動車ですが実は、ガソリンエンジンで発電した電気で走る電気自動車なのです。
そのため普通のガソリン車と同じようにガソリンスタンドで給油し、そのガソリンを燃料にエンジンで電気を発電して走るので充電する必要がありません。
つまりガソリンを給油してもノートの動力源はエンジンではなくあくまでモーターで、エンジンは電気を発電する発電機の役割を果たしているだけです。
ノートは電気で走る電気自動車ですが分類上はハイブリッド車で、新たな発明とも言われているモーターで駆動する新方式の自動車です。


目標を超える売れ行きの「e-POWER」の秘密



「e-POWER」には4つの注目すべきポイントがあり一つがモーター駆動による力強い走りで、2つ目が2クラス上の静粛性でこれに新感覚の運転操作とトップレベルの燃費性能が加わります。
ノートはスタートボタンを押しアクセルを踏むと音も立てずにスタートし、アクセルを踏んだ瞬間から車が動き出します。
通常のガソリン車の場合はエンジン内でガソリンと空気を混合させ爆発を起こすことでピストンを回転させますが、ノートの「e-POWER」ではモーターで車軸を動かすためスタートから最大トルクを発揮します。
カタログに掲載されているノートのSグレードの燃費性能は、1ℓ当たり37.2kmと驚くほどの燃費の良さです。


まとめ



発売から6年が経過したノートの航続距離は200kmから280kmと伸び、アメリカの電気自動車メーカーのテスラの新型「モデル3」の航続距離345kmに迫る勢いです。
アメリカのゼネラル・モーターズも航続距離380kmの電気自動車「ボルト」を発売し、もし補助金を受けると約3万ドル(約330万円)で購入できます。
イギリスやフランスでガソリン車やディーゼル車を規制する動きもあり、電気自動車には追い風が吹いているようです。

usdm.shop-pro.jp

車の買い替えはいつがお得なのかを徹底検証

f:id:tkn2w:20170821132903j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

車を買い替えるタイミングを迷う人は多いようですが、どのタイミングが最もお得なのか知りたいものです。
車は高額商品で決して安い買い物ではないので、新車が出るたびに車を買い替えていたらいくらお金があっても足りません。
一般的な乗り方であれば車は10年間で10万キロと言われていますけど、10万キロも走ると車の価値もなくなり下取りにも出せないとも言われています。
ただ車も結婚して子供ができるとワゴン車が欲しくなったり、燃費が良い軽自動車に買い替えたいと思います。
そこで今回は車の買い替えは、いつが一番お得なのかを徹底検証してみます。

 

車は乗りつぶすのが一番お得

 

車を買い替える理由で最も多いのが古くなって、故障が多く修理代にお金が掛かるというものです。
しかし日本車はとても丈夫で定期的にちゃんとメンテナンスをしていれば、10年間どころかもしかしたら一生乗れるかもしれません。
よほど通勤などで長距離を毎日走行しなければ、商用車でない限り車はそう簡単に壊れるものではありません。
消耗品やオイルの交換をこまめに行ったり定期的にメンテナンスをしていれば、事故でも起こさない限り車はそうそう潰れるものではありません。
ただ新車から11年が過ぎると重量税が高くなり、13年が過ぎると今度は自動車税が上がります。
さらに車も10年を過ぎるといろんな箇所に不都合が出て、車検代も高くなり維持費がかさんできます。

 

高値がつくのは新車購入から2年未満で走行距離3万キロ未満の車

 

車の買い取り価格で最も高値がつくのは、新車購入から2年未満で走行距離3万キロ未満の車です。
ただいくら程度がいい車でも買い取り価格は新車価格の半値以下なので、新車価格が300万円でも買い取り価格は120万円~140万円前後が相場です。
これはいくら程度がいい車でももし高値で買い取ると、中古車業者がその買い取り価格に利益をプラスすると、新車価格とあまり差がなくなり売れなくなるからです。
そのため買い取り価格がいくら高くても2年未満で、車を売るのはあまりお得とは言えないようです。

 

まとめ

 

それではいつ車を売るの一番お得なのかですが中古車の査定のプロの多くが、新車購入から5年未満で走行距離3万キロ未満の車が理想的と口を揃えています。
その理由は中古車業者からすれば新車購入から5年未満で、走行距離が3万キロ未満の車が一番安心で売りやすいからです。
なぜ安心かと言えば5年未満だと主な部品のメーカー保証がまだ残っているので、仮に購入者がその車に乗っていて故障しても対応できるからです。
そのため売る方も高値で売れ、買う方も高値で買えます。

usdm.shop-pro.jp

 

自動車保険の等級とは?

f:id:tkn2w:20170818101240j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】



意外と知らない安くする3つのワザ


世界一複雑とも言われる日本の自動車保険制度です。
その中でも特にわかりにくいのが「等級制度」ですね。
 事故を起こさないドライバーほど保険料が安くなるこの仕組みは、近年の制度変更(事故あり等級の導入)などでさらに理解しづらくなった印象です。
しかし等級を正しく理解すれば大きく保険料を節約することも可能で、自動車保険(任意保険)に加入している人ならぜひとも理解しておきたいところです。
 ここでは等級制度とは何かを最大限わかりやすく説明し、その意味となるべく節約するための3つのワザについて説明します。
まず等級とは、安全運転を続けているドライバーのレベルと考えたらわかりやすいです。
初めて自動車保険に加入するドライバーは6等級から始まります。
無事故(あるいは事故を起こしても保険を使わない)を1年続けるごとに7等級、8等級とランクアップしていきます。


賢く安く等級制度を使う3つのワザ


・同居の家族間で等級を引き継ぐ
等級は、同居している家族間なら引き継ぐことが可能です(等級の引き継ぎ)。
例えば「父親の20等級を息子に引き継いで息子の自動車保険料を下げる」という使い方ができます。
若いうちほど自動車保険料は高くなる傾向にあるので(事故率が高いため)、20等級は息子に引き継いで、父親は新しく契約し直して6等級から始めるというのも節約方法として有効です。
引き継ぎの具体的な手順については損保会社に「等級を引き継ぎたい」と相談すればアドバイスしてもらえるでしょう。
それに従えば簡単に行うことができます。
 


・「セカンドカー割引」で7等級からスタートできる


「父親は新しく6等級から始める」と述べましたが、実はこのケースでは7等級から始めることができるのです。
それを可能にするのがセカンドカー割引です。
これは、1台めの車の保険契約が11等級以上にある場合、2台めの車は6等級からではなく7等級から始めることができるというものです。
年齢条件しだいでは保険料が20~30%も変わってくるので、これもぜひ活用したいものです。
 


・車に乗らない間は「中断」で等級を維持できる


通常、無保険状態が13ヶ月続けば等級はリセットされます。
例え20等級まで上がった人でもまた6等級から始めなければなりません。
しかし等級は「中断」の手続きを取ればそれ以上の期間、リセットされずに維持することが可能です。
 
等級の中断には以下の3種類があります。
・国内中断    契約車両を長期間手放すケース    10年
・海外中断    長期間、海外へ行くケース      10年
・妊娠中断    妊娠したケース             3年

無事故を長年続けて等級が上がった人なら、ぜひこの制度は覚えておきたいところです。

usdm.shop-pro.jp