車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

今の車ではありえないかも!? 「昔の車の常識」!

f:id:tkn2w:20171214150934j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】


自動運転やETC、スマートフォンとの連携など、最新の技術を使用した車が注目されている昨今です。
しかし、どんどん車が進化していく一方で、昔の自動車では当たり前だったことが忘れられつつあるのです。
若い人の中には、カセットテープデッキにiPhoneを挿入して壊してしまった人もいるとか…。
ここでは、20~30年前には当たり前だった自動車の常識を振り返ってみます。

「オート○○」なんてなかった!昔の車は、なんでも手動が当たり前!
近頃はAT(オートマチック・トランスミッション)車が普及して、MT(マニュアル・トランスミッション)車が減少してしまいました。
昔の車はすべてMTだったのです。
MTとは、ドライバー自身がギアチェンジやクラッチ操作を手動で行うシステムです。
それ以外にも、手動で行わなければならない操作がたくさんありました。
ここでいくつか紹介していきます。

 

窓の開け閉めに一苦労!


手動でくるくる回す「レギュレーターハンドル」
今では、パワーウィンドウのボタンを押すだけで開く自動車の窓です。
しかも運転席にはたいていすべての窓を操作するボタンがついています。
ドライバーが後部座席の窓を開けることも簡単です。
ところが、昔の自動車は手動で窓を開けていました。
各ドアに付いているハンドル(レギュレーターハンドルといいます)をくるくると回して窓を上下させていたのです。

手動で窓を開けるにあたって特に大変だったのは、高速道路の料金所ですね。
当時はETCなど存在しませんから、現金で支払う必要がありました。
料金所では、窓を開けて、料金所の係員と通行料のやり取りをします。
運転席が右側にある国産車ならいいのですが、左ハンドル車にひとりで乗っていると、助手席に手を伸ばして、レギュレーターハンドルをくるくる回して窓を開けてからお金を渡すという、ちょっと間抜けな光景が見られたものです。

 

「パワステ」がないので、ハンドル操作が激重だった!


もしかしたら「パワステ」という言葉は死語かもしれません。
今ではパワステを搭載している車が当たり前だからです。
パワステとは「パワーステアリング」の略です。
ハンドルを回す力を助ける機能ですね。
かつてのハンドルは、パワーアシスト機構を介さずに車軸と直結していました。
ですから、ハンドルを回す力がそのままタイヤの角度を変える力だったのです。
当然、ハンドルを回すのは重くて力が必要でした。

今の自動車において軽い力でハンドルを回すことができるのは、パワステのおかげです。
近年では、片手で運転するドライバーも時折目にしますが、これもパワステがあるからこそと言えるでしょう。

 

usdm.shop-pro.jp

自動車と関係する2つの税金について

f:id:tkn2w:20171101214834j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

自動車と税金の関係


税金というのは様々な行為に対して関係してくるものですが、とりわけ大きな買い物をする場合には必ず係わってきます。
これは、自動車に係る行為についても例外ではありません。
しかも、自動車に関係する税金はその種類が非常に多いという特徴を持っています。
と言うのも、自動車に関係する税金はこれまでに何度も増設が繰り返されているのです。
そしてその結果、今では自動車に乗っている人の税負担の額は租税総収入の中でも非常に大きな割合を占めるほどになっています。
その内の一つを例示すると、普通乗用車を購入すると自動車所得税と消費税が掛かることになり、さらにその車を保有していると1年毎に自動車税が掛かることになります。
加えて、車検を行う際には自動車重量税がこれらとは別に課税されることになっています。
このように、自動車に関係する税金というのは実に色々な税目に分かれているのです。
さて、そんな自動車と税金の関係ですが、今日ではその重要性が高まっているように思えます。
何故なら、現在では一昔前と比べて運転免許証の保有者が増え、自動車を2台(あるいはそれ以上)所有しているドライバーも増えてきているからです。
つまり、自動車と税金の関係は一部の人間にとっての出来事ではないのです。
ですので、自動車に関係する税金について知っておくことは多くの方にとって意味のあることなのです

 

自動車に関係する2つの税金


自動車に関係する税金には大きく分けて、所得に対して掛かる税金と保有に対して掛かる税金の2種類があります。
まずは所得に対して掛かる税金について紹介します。
1つ目は自動車所得税です。
これは自動車の主たる定置場が所在する都道府県において課税される税金で、税額は「取得価額×税率(自家用自動車3%、軽自動車2%)」という計算方法で決まります。
そしてもう1つは消費税です。
ご存じの通りこれは自動車の職に限らずあらゆる物品の所得に対して課税されている税金で、税率は8%です。
この2つが、自動車の所得時に掛かる税金となります。
尚、1つ目の自動車所得税については消費税が10%に引き上げされた場合に廃止されることとなっています。
次に自動車の保有に掛かる税金について紹介していきます。
まず1つ目は自動車税です。
これは都道府県が自動車の所有者に対して課税する財産税の一種で、毎年4月1日時点で自動車を所有している者が納税をしなければならない税金です。
税額は自動車の種類や用途、排気量などの区分によって決まってきます。
2つ目は軽自動車税です。
これは市区町村が軽自動車の所有者に対して課税する財産税の一種で、
毎年4月1日時点で原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車の内のいずれかを所有している者が課税の対象となります。
税額は所有する車の車種によって異なってきます。
3つ目は自動車重量税です。
これは自動車の新規登録や継続検査等の検査を行うために、車両番号の指定や自動車検査証の交付を受けた人間が納めなければならない税金で、国税の一種です。
4つ目は揮発油税です。
これは主として自動車の燃料に用いられるガソリンに掛かる税金で、これも国税の一種です。
ちなみに、メディアで頻繁に目にする「ガソリン税」というのは、この揮発油税と地方揮発油税を合わせたもののことです。
5つ目は地方揮発油税です。
これは揮発油税と同様に自動車の燃料に用いられるガソリンにかかる税金(国税)で、地方自治体への財源割り当てを目的としているという点が特徴です。
6つ目は石油ガス税です。
これはタクシーなどに使われる業務用のプロパン及びLPGに対して課税される税金で、国税の一種です。
最後は軽油取引税です。
これは軽油を燃料とする自動車に対して課税される税金で、地方税の一種です。
以上の7つが、自動車の保有に対して課税される税金の種類となります。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?
自動車と税金の関係は消費と税金の関係ほど一般的ではないため、その中身についてはあまり知られていません。
ですので、本稿がこの点について少しでも参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

usdm.shop-pro.jp

車を運転するのが好きな人に向いてる職業

f:id:tkn2w:20171114223528j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

オーストラリアのパースでドラッグレースのテスト走行中に、8歳の女の子が衝突事故を起こし死亡しました。
この女の子はドラッグレースのジュニア種目に参加していて、ドラッグレースとは元々はアメリカの若者たちの夜中の違法レースが発祥です。
普通のサーキット競技とは異なり直線コース上で停止状態からスタートし、ドラッグレース専用車の場合は数秒で勝敗がつきます。
レーサーになるのは小さい頃からレースに出場する必要があり、巨額なお金と時間が掛かります。
そこで今回は車を運転するのが好きな人に向いてる、職業について詳しくご紹介していきます。

 

タクシー運転手とトラック運転手

 

車を運転する職業としてはタクシー運転手とトラック運転手が代表格ですが、タクシー運転手にもタクシー会社に勤務する場合と個人タクシーの2種類があります。
タクシー運転手の場合は基本的には歩合制なので、乗客と走行距離で収入が決まります。
トラック運転手も長距離トラック運転手やトレーラートラック運転手や、ダンプトラック運転手などさまざまです。
長距離トラック運転手は大型トラックや中型トラックに乗り、クライアントから依頼された荷物を遠隔地へ運ぶのが仕事です。
トレーラートラック運転手はトレーラーと呼ばれる牽引車でコンテナ・タンクローリー・ダンプなど、さまざまな車を牽引するのが仕事です。
ダンプカー運転手はダンプカーと呼ばれる油圧式のピストンを備えた、大型トラックで工事用の砂利などを運ぶのが仕事です。

 

需要が多い配送ドライバー

 

配送ドライバーは普通免許証で小型トラックに乗ってクライアントから依頼された荷物を、個人宅やオフィスなどに配送したり依頼主の元へ荷物を引き取りに行ったりするのが仕事です。
配送ドライバーは自分のエリアが決まっていることが多く、そのエリアの配送ルートや渋滞などの交通情報にも精通しています。
特に近年では通販やネットで注文した商品を届けることが多く、なかには即日配送サービスを行っている通販会社もあり配送ドライバーが不足しているのが現状です。
また通販会社だけでなく最近ではスーパーやコンビニなども、配送サービスを始めているので配送ドライバーの需要はさらに増すと考えられます。

 

まとめ

 

車を運転する職業としては他にもバス運転手やタンクローリー運転手やミキサー車運転手などがあり、バス運転手も路線バスを運転する場合と観光バスなどの貸切バスの運転手といます。
レーサーになるのは難しくても、車を運転する職業はまだまだありそうです。

 

 

usdm.shop-pro.jp

車の運転は何歳まで可能なのか

f:id:tkn2w:20171114223357j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

日本は先進国の中でも急速に高齢化が進み、4人に一人は65歳の高齢者という超高齢化社会です。
高速道路を逆走したり歩道を歩いている通学中の子供たちを撥ねたりと、高齢者のドライバーによる交通事故が増加しています。
これを受けて安倍政権が高齢者のドライバーによる交通事故対策を進めよう、関係者に指示を出しました。
そこで今回は車の運転は実際に何歳まで可能なのかについて詳しく検証していきます。

 

改正道路交通法が施行され高齢者のドライバーによる交通事故が減少

 

2017年3月に高齢者のドライバーによる交通事故を防ぎために認知症対策が強化された改正道路交通法が施行されたこともあり、2017年1月から5月の期間中に10万6000人を超える75歳以上の高齢者が自主的に運転免許証を返納しました。
2016年末の時点で運転免許証を持つ75歳以上の高齢者は約513万人で、2016年に75歳以上の高齢者で自主的に運転免許証を返納したのは16万2000人なので2017年はこれを大幅に上回るペースです。
また2017年1月から5月の期間中に75歳以上の高齢者による、交通事故による死亡者数は151人と最少を記録しました。

 

では現実問題として何歳まで運転できるのだろうか?

 

日本では交通事故の数は年々減少していますが65歳以上の高齢者のドライバーによる交通事故の割合は増加傾向にあり、平成16年から平成25年までの10年間で65歳以上の高齢者のドライバーによる約2倍に増加しています。75歳以上の高齢者が運転免許証を更新する時にもし認知機能検査で記憶力や判断力が低下していると判断されると医師の診断が義務付けられていて、もし医師から認知症と診断されると運転免許証を更新することができません。
ではもし認知症でなければ、何歳まで運転できるのでしょうか?警察の調べによると高齢者のドライバーによる交通事故のほとんどが、信号機がない交差点での直進や右折やバックでの駐車など安全確認を怠っているケースです。
そう考える65歳を過ぎたら自主的に運転免許証を、返納することも考えるべきかもしれません。

 

まとめ

 

ただ老後に近所にスーパーマーケットもないような過疎地に住んでいると、もし車がなければ日常生活が難しいのが現実です。
そうは言っても人間は誰でも年を取ると身体機能や判断力が確実に衰えてくるので、田舎に住んでいても車がなくても安心して日常生活を送れる社会の整備が急務です。

usdm.shop-pro.jp

メーカー別総額50万円以下で買える中古車(トヨタ)

f:id:tkn2w:20171114223229j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

中古車を購入する場合に車両本体の価格の他にも税金などの法定費用や、中古車販売店の手数料などその他の費用が加算されます。
そのためもし予算が50万円以下であれば車両本体の価格だけを見てり購入を決めると、後で予算オーバーになり「しまった!」と思うことになるかもしれません。
そこで今回はトヨタの中古車で、総額50万円以下で買える車をご紹介していきます。

 

総額50万円以下で買える1000ccから1500ccクラスのトヨタの中古車

 

総額50万円以下で買えるトヨタの中古車で1000ccから1500ccクラスの車であればヴィッツがお勧めで、ヴィッツは海外ではYaris(ヤリス)と呼ばれるトヨタのネッツ店でのみ販売している看板車種です。
スターレットの後継車で1998年にパリサロンでYaris(ヤリス)として登場し1999年1月から日本国内で発売され、2代目ヴィッツは2005年からで2010年12月22日から3代目に移行しました。
3代目ヴィッツはフロントドアガラスに高性能UV吸収剤を導入した、世界初の「スーパーUVカットガラス」を使用し約99%の紫外線を防ぐことができます。
1300cc2WD車には「Toyota・Stop&Start・System」と呼ばれる、アイドリングストップ機構が搭載され1リットル26.5キロという低燃費を実現しています。
年式が2010年で走行距離が6~7万キロのヴィッツであれば、本体価格が36万円前後で総額50万円以下で買えるようです。

 

総額50万円以下で買えるトヨタの軽自動車であれば

 

トヨタはセダンタイプの車のイメージがありますが子会社のダイハツ工業からOEMで、トヨタブランドで軽自動車「ピクシス」シリーズを2011年9月から販売しています。
2013年にマイナーチェンジが行われトヨタ車としては初めての導入となる衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシスト」が、時速60キロ以上で走行中に急ブレーキを掛けるとハザードランプが点滅し後続車に注意を促す、エマージェンシーストップシグナルが全車に標準装備されました。
さらに低速域衝突回避支援ブレーキ機能や誤発進抑制制御機能や先行車発進お知らせ機能やVSC&TRCなどの機能も備えていて、2015年からは「ヒルホールドシステム」と呼ばれるブレーキペダルからアクセルペダルに踏みかえる際に車両の後退を防ぐ機能が全車に標準装備されました。
ピクシスも年式が2012年で走行距離が2~3万キロであれば、本体価格が40万円前後で総額50万円以下で買えるようです。

 

まとめ

 


中古車は車両本体の以外にも税金や、手数料など余分なお金が掛かります。
もし50万円以内の予算であれば、購入を決める前に見積を取るようにしましょう。

usdm.shop-pro.jp