車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

全部把握してますか?実は多すぎる車関連の税金の種類・特徴

f:id:tkn2w:20190114232027j:plain

車は様々な税金を払わなければいけない

 

車は非常に便利ですが、地域によっては欠かせない移動手段になっています。
普段の通勤から買い物、アウトドアや旅行まで、幅広い用途に使われますが、維持費の高さがネックとなるでしょう。

車は維持費の塊と言ってもおかしくはありません。
必需となるガソリン代のほか、オイルダイヤ部品交換費用、そして各種税金を支払う必要があります。
こうした維持費を考慮した場合、年間数十万円の出費に繋がるでしょう。

特に維持費の中で大きなウェイトを占めているのが税金です。
車に関連した税金のバリエーションは非常に多く、間接的に支払っているものも中にはあります。
一部は車検に関連する税金もありますし、車と税金は切っても切れない関係にあるのです。

維持には様々な費用が掛かりますが、税金の種類を把握し、どの程度の出費になるか把握することも重要です。
しかし、車関連の税金を全部知っている方、把握している方は少ないのではないでしょうか?
車にまつわる税金を把握すれば、家計の支出の把握や節約にも繋がります。
まずはご自身の車に関する税金をチェックし、出費を把握してみると良いでしょう。

車に関する税金の一覧・特徴

車と関連した税金は、大きく分けて5種類ほどあります。

・自動車取得税
・消費税
・自動車税(軽自動車税)
・自動車重量税
・燃料税

 

上記はいずれも車と関わりのある税金であり、私達が日常生活などで負担しているものです。
しかし、細分化すると、車の購入時に掛かる税金・維持に必要な税金・その都度生じる税金の3種類となります。

車の購入時に生じる税金が自動車取得税と消費税の2種類です。
消費税は皆さんも御存知かと思いますが、問題は自動車取得税ではないでしょうか?

自動車取得税は、車を購入する際に必要となる税金の一つで、購入費用に応じて税額が変動します。
主に道路の整備に充てられる税金で、地方税に区分されています。
新車はもちろん、中古車を買う場合にも生じる税金であり、購入時の重荷となることも珍しくはありません。

 

自動車取得税の税率は軽自動車が3%、普通自動車などが5%になっています。


仮に本体価格200万円の普通自動車を購入した場合、自動車取得税を別途10万円支払う必要があります。
一般には納車費用として収めることになりますが、本体価格の高い車ほど税負担も増加します。

ただし、自動車取得税の上記税率は、取得価格(本体価格)が50万円を超える場合のみが対象です。
それ以下の価格の中古車などを買う場合、残価率によって普段が生じるので気を付けましょう。
税率計算が複雑なため、中古車を買う時は販売店で聞いてみることをおすすめします。

自動車取得税の負担が大きいですが、毎年支払うことになる税金が自動車税(軽自動車税)です。
毎年4月1日時点での車所有者に課税される税金で、軽自動車は軽自動車税が、それ以外の車は自動車税が課税されます。
軽自動車税は軽自動車全て一律で税額が決まっていますが、通常の自動車税は排気量による区分けが行われています。

基本的に排気量が少ないほど自動車税の税額は低く、逆に高排気量の車種は高額になります。
税額はおよそ3万円~11万円ほどですが、ハイブリッド車や電気自動車など、一部の車については減税措置が取られています。

また、自動車税は定期的に見直されており、常に同じ税額を支払うとは限りません。
近年は軽自動車税も負担が増えているため、税制の改正には注意しておきましょう。

自動車税を滞納すると車検が受けられません。
車検証が発酵されないため、車検を受ける前に滞納分を全額支払う必要があります。

 

車検の度に生じる税金が自動車重量税


車の重さによって税額が変わる珍しい税金で、税額は数千円~数万円まで幅広くなっています。
基本的に重い車ほど税額が高くなりますが、新車登録から13年以上が経過すると負担割合が増加します。

自動車重量税は、車検の法定費用に含まれており、車検を受ける際は必ず支払う必要がある税金です。
自動車税ほど負担は大きくありませんが、新車登録からの年数には注意しましょう。

ガソリンを購入する度に支払っている税金もあります。
それが燃料税で、一般にはガソリン価格に含まれているため、直接負担する必要はありません。

ガソリン代には燃料税が数十円ほど上乗せされていますが、更に消費税を負担する点が他の税金と違います。
しかし、間接的な負担に留まるため、現状では意識する必要は無い税金と言えるでしょう。
ガソリンを給油する度に支払うことから、消費税と同等の位置付けにある税金です。

 

まとめ

 

車は維持費の負担が大きい乗り物ですが、その大半は各種税金にあります。
もし税負担が大きいと感じた時は、中古車や軽自動車へ乗り換えたり、燃費が良い車種へ買い換えるのも良いでしょう。
長い目で見ると維持費を節約できる可能性もあるため、有用な手段にもなります。
特に新車登録から13年以上経過した車は税負担が大きいことから、乗り換える価値は高いと考えられます。

「普通免許」で運転できるクルマの種類

f:id:tkn2w:20181216212509j:plain

 

就活の際に書く履歴書


履歴書の資格の欄に記入するとき「運転免許証は正式な名称で書きましょう」といわれることがあるでしょう。
普通免許でしたら「普通自動車第一種運転免許」が正式な呼び名です。
新しく新設された中型免許でしたら「中型自動車第一種運転免許」となるのです。
必要だから免許を取るのではなくm「履歴書に書く」ために免許を取るという人も少なくないでしょう。
しかし、就職のために教習所に行き、運転免許を取っても「仕事で使わなかった…」ということではもったいないです。
免許は職種とマッチングをして考えて取りたいものです。
というのにも理由があるのです。
一般的な免許である、「普通自動車免許」で運転できる車両の範囲が狭くなっているからです。
2017年3月12日より、準中型自動車の免許が新設されました。
これによって、「準中型自動車第一種運転免許」が誕生したのです。
この改正によって、従来は普通自動車免許で運転できた車種であっても、新しい普通自動車免許では運転できなくなる車種があるということです。

引っ越しでよく使われる「2トントラック」を考えてみます。
これは、新しい普通自動車免許では運転できないのです。
引っ越し業者に見積もりを頼む場合、単身や荷物の少ない2人暮らしなどで2トントラックが登場することが多いです。
このことから、2トントラックは基幹車種のひとつでもあるのです。
引っ越し業者から「引っ越しは2トントラック1台でおさまりそうです」といったセリフを聴いたことがある人もいるでしょう。

従来でしたら、2トントラックは普通自動車免許で運転できたので、配車もしやすいサイズだったのです。
引っ越しなど運送の業務でしたら、新人がいきなり運転を任されることはないと思いますが、免許は同じですからステップアップのチャンスでもあったのです。

 

具体的な例として


新しい普通自動車免許で運転できるのは、トヨタダイナ1トンシリーズ ダブルキャブ、さらには、いすゞエルフ・フルフラットローシングルタイヤなど、車輌総重量が3.5t未満のトラックとなります。

準中型自動車免許登場の前にも変化があったのです。
それが、2007年(平成19年)6月2日に設けられた「中型自動車免許」です。
それ以前でしたら、普通自動車免許で通称「4トントラック」と呼ばれるジャンルのトラックも運転することができました。
しかし、この改正後に新しく免許を取得したら、「2トントラック」までが運転できる対象となり、4トントラックを運転するためには中型自動車免許が必要となったのです。
そして2017年の改正以降は、普通自動車免許で運転できるのは1トンから1.5トン積み程度のトラックまでとなりました。
2トントラックに乗るには、準中型自動車免許が必要となったのです。

自動車税を滞納した時の延滞金と差押えまでの期間

f:id:tkn2w:20181216212728j:plain

 

自動車税を滞納した時の延滞金と差押え

自動車税を滞納してしまうとどういったことになるのでしょうか。
のっている車が差し押さえられるというのは本当なのでしょうか。
滞納してしまうと、延滞金もあるみたいですが、いつまでなら滞納しても大丈夫なのでしょうか。
自動車税についていろいろな疑問が出てきます。
自動車税をきちんと支払えば問題はないのですが、そうとばかりは言っていられません。
自動車税を滞納することですぐに車を持っていかれることはないのですが、最終的には車など財産を差し押さえられる可能性があるのです。
それでは、いったいいつまで滞納しても平気なのでしょうか。
それは、住んでいる地域によっても変わってきます。
たいていは、8月までなら大丈夫と言われているのです。

自動車税の支払いの流れを見てみましょう。
毎年5月上旬くらいになると、自動車税の納付通知書が自宅に届きます。
自動車税は排気量によって金額が異なっています。
1,000cc以下の場合は29,500円、2,000cc~2,500ccで45,000円の金額になります。
自動車税は5月末までに納付しなければいけませんが、
少しの期間の滞納は問題ないようです。
しかし、滞納が長期化すると最終的に車などの財産を差し押さえられることになるのです。
8月までに自動車税を支払えば大丈夫とされているので、毎年8月くらいまでに支払っている人も多いようですが、法律上は納付期限から1ヵ月ほどで差し押さえが可能となるのです。

 

自動車税の納付期限と延滞金


自動車税の納付期限は、5月末です。
納付期限内の通知書でしたら、コンビニや銀行、自動車税事務所、各県税事務所での支払いが可能です。
しかし、納付期限が切れた納付書となると、ゆうちょ銀行を除く金融機関か自動車税事務所、さらには各県税事務所での支払いとなります。
コンビニ払いは利用できないので注意が必要です。
また、6月以降は延滞金が発生する可能性があります。
延滞金の年率は都道府県によって異なるのですが、一般的には以下のようになっています。

適用期間   納期限~1ヶ月 それ以降
平成30年    2.6%      8.9%
平成29年 2.7%      9.0%
平成27年~28年 2.8%      9.1%
平成26年    2.9%      9.2%
平成22年~25年 4.3%      14.6%
納付期限から1ヵ月間は延滞金の利率も低いのですが、1ヵ月をすぎると途端に高くなります。
自動車税の納付金額が29,500円の場合で、年8.9%の延滞金が適用された場合、2ヶ月間滞納すると以下の延滞金が加算されます。
29,500×0.089÷365×60=431円
2ヵ月延滞して431円の延滞金となるので、思ったより安いと感じることでしょう。
延滞金は1,000円未満は切り捨てとなっているので、999円までは延滞金はかかりません。また、1,000円以上は100円未満が切り捨てになるのです。

 

いつまで滞納しても大丈夫?


自動車税はいつまで滞納してもいいのでしょうか。
延滞金の支払いが発生するという意味では、延滞金が1,000円に達した時が目安です。
税金が29,500円の場合でしたら、延滞金がかかるのは11月以降となります。
納期限1ヵ月後から63日で、延滞金は1,000円を超えるので、納期限から3ヵ月は大丈夫ということになるのです。
法律上では、納付期限から1ヵ月ほどで差し押さえが可能となるので自動車はできるだけ早く支払いましょう。

車の税金が安くなるエコカー減税とは

f:id:tkn2w:20180628101734j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

車は様々な税金がかかる乗り物です。
自動車取得税や消費税、重量税、そして自動車税…と、こまめに税金が発生するため、金銭的な負担が多い点に注意しなくてはいけません。
しかし、一部の車種に関してはエコカー減税の対象になっており、購入時などの税負担を軽減できる仕組みがあります。

 

エコカー減税はよく聞く言葉かと思いますが、一部の税金に関して軽減または減免される制度を指します。
車を購入する際は、エコカー減税を視野に入れて買う方も多く、今では定着した制度の一つと言っても良いでしょう。

 

f:id:tkn2w:20180628100256j:plain

 

エコカー減税で減税対象となる税金は、自動車取得税・重量税・自動車税の3つです。
残念ながら購入時の消費税は減税対象になっていませんが、それ以外の税金が軽減されるため、非常に大きな節税効果を生みます。
購入時に数万円の節約に繋がることも多く、税負担を減らしたい方に最適な制度です。

軽減幅は税金の種類によって異なります。
例えば自動車取得税は、環境基準に応じて最低20%、車種によっては全額が非課税となります。


一方の重量税は少々基準が変わっており、1回目の車検で25%~全額免除、2回目以降は一部の車種のみ全額免除とされています。
重量税に関しては、非課税の対象車種が車検1回目と2回目で異なっており、2回目より対象になる車種が増える点に注意が必要です。

自動車税の減税幅は、排気量に関わらず車種によって変わります。
減税幅は50%または75%で、自動車取得税・重量税とは違い全額非課税になる仕組みはありません。
例えば排気量1,500ccの車は年間4万円ほどの自動車税が掛かりますが、仮に75%減税の対象車種なら支払う自動車税は1万円です。
免除とまではいかないものの、数万円の節税に繋がる可能性があります。

 

ただし、エコカー減税は適用期間に制限があります。
自動車取得税は購入時のみ課税されますが、重量税・自動車税いずれも数年後には本来の税率に戻るのです。
例えば重量税の場合、2回目の車検時には通常通り課税される車種が少なくありません。
自動車税に関しても減税は新車登録翌年のみで、2年目からは減額対象から外れます。

またエコカー減税は数年に一度のペースで見直されており、減税幅・対象がその都度変わります。
車種によっては減税幅が減り、数千円ほど税負担が増えてしまう可能性があります。
タイミング次第では減税の恩恵が少なくなりますので、新車購入時は注意しておきましょう。

usdm.shop-pro.jp

電気自動車を購入するメリットとデメリット

f:id:tkn2w:20180628101214j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

現在の日本で投入される車の大半はハイブリッド車です


ハイブリッド車は、エンジンとモーターを搭載した車で、ガソリンと電気を併用して走行します。
しかし、世界的には電気自動車の普及が進みつつあり、日本のメーカーもいくつか電気自動車を販売しています。

 

電気自動車は、エンジンを積まずモーターのみで走行する車です


大型のバッテリーも搭載されており、住宅のコンセントなどから充電して走る仕組みになっています。
ハイブリッド車は、ガソリン車と電気自動車の特徴を兼ね備えていますが、電気自動車はエネルギーに電気のみを使用します。

 

電気自動車のメリットは経済性の高さにあります


燃費の計算方法は少し特殊ですが、1km走行に必要な電気代がわずか数円です。
ガソリン車の場合、燃費が良くてもリッター15km前後しか走りません。
ガソリン代を考慮すると、1kmあたり十数円の費用が掛かります。
電気自動車なら維持費が下がり、長く使うほどその差は広がっていきます。

 

f:id:tkn2w:20180628100256j:plain

 

税金面で優遇されている点もメリットと言えます。
いわゆるエコカー減税により、自動車取得税や重量税は免除、かつ自動車税も安くなります。
ハイブリッド車と比較するとあまり差は見られませんが、維持費が安い恩恵を考えると電気自動車のほうがお得です。
こうした維持費・税金面のメリットが電気自動車の強みとも言えるでしょう。

それならすぐ電気自動車を買うべきかと言うと、慎重に考えてから決めるべきです。
どちらを買うか悩むところですが、電気自動車のデメリットも考慮すべきでしょう。
特に気を付けたいのは、充電の手間と充電する場所の少なさです。

電気自動車は電気を消費して走るため、こまめな充電が欠かせません。
しかし、充電一回あたりに必要な充電時間が数十分~1時間以上と、少々時間が掛かってしまうのです。
ガソリンの給油は数分で済みますから、時間的な優位性はガソリン車・ハイブリッド車が上回ります。

もし充電を忘れていた場合、車をすぐ使えないことが大きな制約になりうるケースもあります。
例えば通勤で使うとすれば、遅刻する可能性が出るなど、大きな支障が生じてしまうでしょう。

 

充電場所の確保も一苦労するでしょう。
日本全国で充電スタンドが整備されつつありますが、それでもガソリンスタンドほどの数はありません。
都市部ならまだしも、地方では充電スタンドがほとんど無いエリアも存在します。

もし電気自動車を買うなら、充電スタンドの場所・数も考慮する必要があります。
充電時間の制約もありますので、用途によってはハイブリッド車かガソリン車が適しているでしょう。

 

usdm.shop-pro.jp