車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

雨や雪の日の運転で注意すべきこと

f:id:tkn2w:20170907233830j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】



梅雨の季節や大雨の時の運転は視界が悪くなるだけでなくハイドロプレーニング現象と呼ばれる、車のタイヤと道路の間に水が入りハンドルやブレーキが効かなくなる現象が起きます。
雪の日の運転も北国のドライバーであれば慣れていても、普段は雪が降らないような南国のドライバーにとって突然の雪は慎重な運転が大事です。
そこで今回は雨や雪の日の運転で注意すべきことについて、何が危ないのかを詳しく検証してみます。

 

雨の日の運転で注意すべきこと

 

雨の日に自動車を運転していて起きる事故のほとんどがスリップ事故で雨で視界が悪くなり、前方に車や歩行者を発見して急ブレーキを掛けてもハイドロプレーニング現象が起きてブレーキが効かなくなるのです。
車のワイパーも豪雨だと窓ガラスに付着する雨水を完全に除去することは不可能で、特に夜の雨の日の運転だと余計に視界が悪くなり危険です。
さらに雨が降ると湿度が高くなりフロントの窓ガラスが曇り、季節によってはエアコンを付けないので余計に危険です。
なかには燃費が悪くなるからとかエンジンの出力が低下するからとかで、雨の日の運転の時にもエアコンを付けない人もいます。
雨の日は少しでもりフロントの窓ガラスが曇り始めたらエアコンを付けて、スピードを普段より落として安全運転を心がけることが大事です。

 

雪の日の運転で注意すべきこと

 

北海道など雪が降る地域では必ずスタッドレスタイヤやブースターケーブルや牽引ロープなどを車に積んでいますが、雪があまり降らない地域ではスタッドレスタイヤさえ車に積んでいないことも少なくありません。
しかし雪が積もった道路をノーマルタイヤで走行すると危ないと思って急ハンドルをしても車は曲がり切れずにそのまま直進してしまったり、急ブレーキを掛けてもブレーキが効かなくなっていて車はコントロールを失ってとんでもない方向へと走ります。
雪の日はフットブレーキでの急ブレーキは危険で、エンジンブレーキを使い速度を十分に減速してからハンドル操作を行います。

 

まとめ

 

雨の日の運転も雪の日の運転もスピードを普段より落として、前車との車間距離を十分に確保することが大事です。
前を走行する車が雨水や雪を巻き上げて、視界が悪くなるのを防ぐためにも車間距離は普段の倍以上を心がけましょう。
近年ではスバルの運転支援システム「アイサイト」など各自動車メーカーから、さまざまな運転支援システムが開発されています。
過信はできませんがスバルの運転支援システム「アイサイト」など大雨や吹雪でも条件次第ですが、ドライバーが運転できるレベルであれば前の車や歩行者が見える範囲なら衝突を回避できると言われています。

 

usdm.shop-pro.jp

 

国際免許証を取得する方法

f:id:tkn2w:20170903092414j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】



海外旅行をする日本人の方が増え、外国でレンタカーを借りて運転するケースも少なくありません。
外国で車を運転するためには本来は、その国の運転免許証の交付を受けて現地で車を運転します。
しかし日本の運転免許を持っていれば、国際免許証を取得すれば条約加盟国で運転することができます。
実は国際免許証もジュネーヴ交通条約に基づいて交付される国際運転免許証と、ウィーン交通条約に基づいて交付される国際運転免許証の2種類があります。
ただ日本政府はジュネーヴ交通条約しか締結していないので、日本で発給された国際免許証を取得しても、ウィーン交通条約条約加盟国で運転することができません。
そこで今回はこれから国際免許証を取得しようと、考えている方に向けて取得方法を詳しくご紹介していきます。

 

国際免許証を取得するために必要な書類

 

日本の場合は国際免許証を申請する場所は公安委員会が管轄する運転免許センターや、地域によっては現住所がある管轄の警察署でも申請することができます。
国際免許証を取得するために必要な書類ですが運転免許センターなどに用意してある国外運転免許証交付申請書に必要事項を記入し、サイズが縦5cm×横4cmの証明写真1枚と自分の運転免許証とパスポートや飛行機のチケットなど海外への渡航を証明するものと一緒に提出します。
運転免許証はもし大型特殊・小型特殊・原付・仮免許の場合は申請不可することができませんし、運転免許証の有効期間が1年未満の場合で海外旅行をする際に無効となる場合は理由書を添えて早期更新を受ける必要があります。

 

日本の国際運転免許証が使える国

 

日本の国際運転免許証が使えるアジアの国はフィリピン・インド・タイ・バングラデシュ・マレーシア・シンガポール・スリランカ・カンボジア・ラオス・大韓民国で、香港とマカオはそれぞれイギリスとポルトガルが締約国で日本の国際運転免許証が使えましたが、中華人民共和国へ返還後は行政区域でみなしメンバーとなっていて日本の国際運転免許証が使えます。
オセアニアの国ではオーストラリア・ニュージーランド・フィジー・パプアニューギニアで使えますし、アメリカやカナダやペルー・キューバ・エクアドル・アルゼンチン・チリ・
パラグアイ・バルバドス・ドミニカ共和国・グアテマラ・ハイチ・トリニダード・トバゴ・ベネズエラ・ジャマイカなどの中南米の国々でも日本の国際運転免許証は使えます。
この他にもイギリスやフランスなどのヨーロッパの国々や、アフリカの多くの国でも日本の国際運転免許証は使えます。

 

まとめ

 

運転免許センターであれば申請したその日に国際運転免許証が交付され、警察署であれば申請し後日に交付されますが交付手数料はどちらの場合も2,00円です。

 

usdm.shop-pro.jp

各自動車メーカーの保証内容を検証(ホンダ自動車編)

f:id:tkn2w:20170918144709j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

ホンダの略称で親しまれている本田技研工業は自動車の販売台数が世界第7位で、二輪車では販売台数および売上高でともに世界首位を誇っている機械工業メーカーです。
自動車や二輪車の他にも船外機は販売台数は世界第4位で、創業者の本田宗一郎氏の夢だった小型ジェット機の製造にも本格的に参入を果たしています。
さらに意外に知られていませんが芝刈機のシェアは世界トップを誇っていて、発電機・除雪機・小型耕うん機のシェアも国内ではトップクラスです。
各自動車メーカーは自社の新車に独自のメーカー保証を付けていますが、そこで今回はホンダ自動車のメーカー保証の内容を検証してみます。

 


ホンダ自動車の一般保証の内容

 

ホンダ自動車にもトヨタ自動車や日産自動車と同様に一般保証と特別保証がありますが、一般保証の保証期間は新車登録日から3年間ですが3年以内でも走行距離が6万キロを超えた時点で終了となります。
ホンダ自動車の一般保証は基本的には自動車を構成する全ての部品が対象となりますが、消耗部品や油脂類や別扱い保証の部品は対象外になります。
例えば消耗部品とは白金プラグやイリジウムプラグを除くスパークプラグやオイルフィルターなどのエンジン関係や、パワーステアリングフルードフィルター・フリクションディスク・ブレーキシューなどのシャシー関係やハロゲンランプ・シールドビーム・ディスチャージヘッドランプは除く電球などです。

 


ホンダ自動車の特別保証の内容

 

ホンダ自動車の特別保証は新車購入から5年間か10万0000キロの走行距離のいずれか早いほうで、これもトヨタ自動車や日産自動車の特別保証と同じで自動車を構成する部品のうち走行性能や安全性能や環境性能に関わる大切な部品が特別保証の対象になります。
具体的にはステアリング機構・サスペンション・アクセル機構・エンジン機構・排出ガス浄化機構・動力伝達機構・電子制御機構で、シートベルトやSRSエアバッグなどその他機構を構成する部品でホンダ自動車が指定するものです。

 

まとめ

 

ホンダ自動車には一般保証と特別保証がありますが一般保証の保証期間の3年や特別保証の保証期間の5年が終了した後も、ホンダの延長保証マモルに加入すれば一般保証や特別保証と同程度の保証を受けることができます。ホンダの延長保証マモルには新車コース・車検コース・継続コースとあり、新車コースは新車の購入時から加入でき車検コースは初度登録日から2年6ヵ月から3年後の同月日前日まで加入でき、継続コースは初度登録日から4年6ヵ月から5年後の同月日前日まで加入できます。

 

usdm.shop-pro.jp

各自動車メーカーの保証内容を検証(日産自動車編)

f:id:tkn2w:20170918144549j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

日産自動車といえば社長のカルロス・ゴーン氏の手腕でトヨタ自動車やホンダ自動車に次いで、第3位だった軽自動車を含めた国内シェアが第2位に回復しています。
日産自動車は有利子債務が2兆円を超えて一時期は倒産の危機を迎えていましたが、1999年3月にフランスの自動車メーカーのルノーとの資本提携でルノーの傘下に入りました。
さらに2016年には燃費の偽装問題で経営が悪化した、三菱自動車の株式の34%を取得し筆頭株主となっています。
各自動車メーカーは自社の新車に独自のメーカー保証を付けていますが、今回は日産自動車のメーカー保証の内容を検証してみます。

 

日産自動車の一般保証の内容

 

日産自動車の新車にもトヨタ自動車と同様に一般保証と特別保証があり、一般保証は新車購入から3年間か6万0000キロの走行距離のいずれか早いほうで、消耗品やタイヤやバッテリーなどを除くほとんどの部品を保証の対象としています。
一般保証の対象部品はパワーウィンドウ・ドアミラー・電動サンルーフ・エアコンや、オーディオ・カーナビ・時計・リモートコントロールエントリーシステムなどです。
さらにボディの外板表面のサビやサビが原因でできた外板に貫通した穴があくサビも、ボディの外板表面のサビの場合は3年の保証があり外板に貫通した穴があくサビの場合は5年の保証があります。

 

日産自動車の特別保証の内容

 

日産自動車の特別保証は新車購入から5年間か10万0000キロの走行距離のいずれか早いほうで、これもトヨタ自動車の特別保証と同じで走る・曲がる・止まるに関するエンジンなどの駆動系部品がメインです。
具体的にはステアリング機構・電子制御部品・ハイブリッドシステム・エンジン機構・ブレーキ機構・エマージェンシーブレーキや、乗員保護装置のシートベルトやエアバッグや動力伝達装置・排気ガス浄化装置などです。
一般保証もですが特別保証も保証期間は初回車検までで、それまでは日産自動車を新車で購入すれば無償で修理が受けられます。
もし新車購入の時か初回の車検の際にグッドプラス保証に入ると、新車保証に準じた保証をさらに2年間だけ延長することもできます。

 

まとめ

 

日産自動車のグッドプラス保証にもグッドプラスⅠ(一般保証)・グッドプラスⅡ(一般保証)・グッドプラスⅡ(特別保証)・グッドプラスⅡ(一般保証・特別保証)の4つの区分があり、例えばグッドプラスⅠ(一般保証)の保証期間は2年間ですが、初度登録からの累計走行距離が10万キロを超えると無効になります。

usdm.shop-pro.jp

各自動車メーカーの保証内容を検証(トヨタ自動車編)

f:id:tkn2w:20170918144435j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

メーカー保証という言葉をよく耳にしますがメーカー保証とはメーカーが、独自に自社の商品の品質を保証するものです。
メーカーが自社の商品の品質を保証するのは販売した自社の商品に不具合が発生すると企業の信頼を損ねてしまうため、保証期間内に商品が故障したり使えなくなると無料で修理をしたり商品交換してくれます。
またそれによりメーカー側も自社の商品のどこに、不具合や問題があったのかをフィードバックすることにより、自社の商品の品質改良にもつながります。
各自動車メーカーも自社の新車に独自のメーカー保証を付けていて、そこで今回はトヨタ自動車メーカーの保証内容を検証してみます。

 

トヨタ自動車の一般保証の内容

 

トヨタ自動車の新車には一般保証と特別保証があり、一般保証は新車購入から3年間か6万0000キロの走行距離のいずれか早いほうで、消耗品などを除くほとんどの部品を保証の対象としています。
一般保証の対象外はボディ内部分・外装部分・消耗品・油脂類・タイヤ・バッテリーや、納車後に装着したり架装した部品なども一般保証の対象外です。
消耗部品とは具体的にエアクリーナーエレメント・オイルフィルター・フューエルフィルター・Vベルト・スパークプラグ・ブレーキパッド・ブレーキシュー・ブレーキライニング・ヒューズなどで、油脂類とはエンジンオイル・トランスミッションギヤオイル・ディファレンシャルギヤオイル・ステアリングギヤオイル・パワーステアリングフルード・オートマチックトランスミッションフルード・ブレーキフルード・クラッチフルード・ショックアブソーバーフルード・ウインドウォッシャー液・各種グリース・冷却水・バッテリー液・クーラーガスガソリンなどです。

 

トヨタ自動車の特別保証の内容

 

トヨタ自動車の特別保証は新車購入から5年間か10万0000キロの走行距離のいずれか早いほうで例えばエンジン機構であれば、シリンダーヘッド・シリンダーブロック・パルプ機構・クランクシャフト・ピストン・コネクティングロッド・フライホイール・ターボチャージャーや燃料装置・冷却装置・潤滑装置・充電装置やエキゾーストパイプやマフラーを除く始動装置です。
動力伝達機構であればクラッチカバー・トルクコンバーター・マニュアルトランスミッション・オートマチックトランスミッション・トランスアクスルや、プロペラシャフト・ユニバーサルジョイント・FCVトランスアクスルやドライブシャフトやクラッチディスクを除くディファレンシャルキャリヤなどです。

 

まとめ

 

トヨタ自動車の特別保証は他にもステアリング機構や前後アクスル機構や電子制御機構や、ブレーキ機構排出ガス浄化機構や乗員保護装置などほとんどの装置や機構が保証の対象です。
さらにハイブリッド車の場合はハイブリッドトランスアクスルやスタータージェネレーターなどハイブリッド機構が保証の対象で、FCVの場合はFCスタックと呼ばれる燃料電池や水素タンクなど燃料電池機構のほとんどが保証の対象です。

usdm.shop-pro.jp