車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

車の税金が安くなるエコカー減税とは

f:id:tkn2w:20180628101734j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

車は様々な税金がかかる乗り物です。
自動車取得税や消費税、重量税、そして自動車税…と、こまめに税金が発生するため、金銭的な負担が多い点に注意しなくてはいけません。
しかし、一部の車種に関してはエコカー減税の対象になっており、購入時などの税負担を軽減できる仕組みがあります。

 

エコカー減税はよく聞く言葉かと思いますが、一部の税金に関して軽減または減免される制度を指します。
車を購入する際は、エコカー減税を視野に入れて買う方も多く、今では定着した制度の一つと言っても良いでしょう。

 

f:id:tkn2w:20180628100256j:plain

 

エコカー減税で減税対象となる税金は、自動車取得税・重量税・自動車税の3つです。
残念ながら購入時の消費税は減税対象になっていませんが、それ以外の税金が軽減されるため、非常に大きな節税効果を生みます。
購入時に数万円の節約に繋がることも多く、税負担を減らしたい方に最適な制度です。

軽減幅は税金の種類によって異なります。
例えば自動車取得税は、環境基準に応じて最低20%、車種によっては全額が非課税となります。


一方の重量税は少々基準が変わっており、1回目の車検で25%~全額免除、2回目以降は一部の車種のみ全額免除とされています。
重量税に関しては、非課税の対象車種が車検1回目と2回目で異なっており、2回目より対象になる車種が増える点に注意が必要です。

自動車税の減税幅は、排気量に関わらず車種によって変わります。
減税幅は50%または75%で、自動車取得税・重量税とは違い全額非課税になる仕組みはありません。
例えば排気量1,500ccの車は年間4万円ほどの自動車税が掛かりますが、仮に75%減税の対象車種なら支払う自動車税は1万円です。
免除とまではいかないものの、数万円の節税に繋がる可能性があります。

 

ただし、エコカー減税は適用期間に制限があります。
自動車取得税は購入時のみ課税されますが、重量税・自動車税いずれも数年後には本来の税率に戻るのです。
例えば重量税の場合、2回目の車検時には通常通り課税される車種が少なくありません。
自動車税に関しても減税は新車登録翌年のみで、2年目からは減額対象から外れます。

またエコカー減税は数年に一度のペースで見直されており、減税幅・対象がその都度変わります。
車種によっては減税幅が減り、数千円ほど税負担が増えてしまう可能性があります。
タイミング次第では減税の恩恵が少なくなりますので、新車購入時は注意しておきましょう。

usdm.shop-pro.jp

電気自動車を購入するメリットとデメリット

f:id:tkn2w:20180628101214j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

現在の日本で投入される車の大半はハイブリッド車です


ハイブリッド車は、エンジンとモーターを搭載した車で、ガソリンと電気を併用して走行します。
しかし、世界的には電気自動車の普及が進みつつあり、日本のメーカーもいくつか電気自動車を販売しています。

 

電気自動車は、エンジンを積まずモーターのみで走行する車です


大型のバッテリーも搭載されており、住宅のコンセントなどから充電して走る仕組みになっています。
ハイブリッド車は、ガソリン車と電気自動車の特徴を兼ね備えていますが、電気自動車はエネルギーに電気のみを使用します。

 

電気自動車のメリットは経済性の高さにあります


燃費の計算方法は少し特殊ですが、1km走行に必要な電気代がわずか数円です。
ガソリン車の場合、燃費が良くてもリッター15km前後しか走りません。
ガソリン代を考慮すると、1kmあたり十数円の費用が掛かります。
電気自動車なら維持費が下がり、長く使うほどその差は広がっていきます。

 

f:id:tkn2w:20180628100256j:plain

 

税金面で優遇されている点もメリットと言えます。
いわゆるエコカー減税により、自動車取得税や重量税は免除、かつ自動車税も安くなります。
ハイブリッド車と比較するとあまり差は見られませんが、維持費が安い恩恵を考えると電気自動車のほうがお得です。
こうした維持費・税金面のメリットが電気自動車の強みとも言えるでしょう。

それならすぐ電気自動車を買うべきかと言うと、慎重に考えてから決めるべきです。
どちらを買うか悩むところですが、電気自動車のデメリットも考慮すべきでしょう。
特に気を付けたいのは、充電の手間と充電する場所の少なさです。

電気自動車は電気を消費して走るため、こまめな充電が欠かせません。
しかし、充電一回あたりに必要な充電時間が数十分~1時間以上と、少々時間が掛かってしまうのです。
ガソリンの給油は数分で済みますから、時間的な優位性はガソリン車・ハイブリッド車が上回ります。

もし充電を忘れていた場合、車をすぐ使えないことが大きな制約になりうるケースもあります。
例えば通勤で使うとすれば、遅刻する可能性が出るなど、大きな支障が生じてしまうでしょう。

 

充電場所の確保も一苦労するでしょう。
日本全国で充電スタンドが整備されつつありますが、それでもガソリンスタンドほどの数はありません。
都市部ならまだしも、地方では充電スタンドがほとんど無いエリアも存在します。

もし電気自動車を買うなら、充電スタンドの場所・数も考慮する必要があります。
充電時間の制約もありますので、用途によってはハイブリッド車かガソリン車が適しているでしょう。

 

usdm.shop-pro.jp

中古車は訪問買取で売るべき理由

f:id:tkn2w:20180628100723j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

中古車は中古車の買取店や、買取業者の買取専門店へ行けばすぐ売ることが可能です。
即日売却したい時や、早めに現金化したい方にとっては手軽な手段と言えるでしょう。
持込み買取・店頭買取とも呼ばれていますが、買取に必要な書類を用意しておけば、いつでも好きな時に売却できます。

しかし、中古車を売るのであれば訪問買取を利用するべきでしょう。
訪問買取は、買取業者へ車を買い取りに来てもらう手段ですが、店頭買取よりも優れている点が多いからです。

 

訪問買取業者一番の魅力が高値買取でしょう。
通常の店頭買取よりも若干高値で売れることが多く、状態によっては相場以上の値で売れてしまう場合すらあります。
なぜ高値で売れるかというと、店頭買取の業者よりコストを削減しており、その分を買取価格に還元している理由が挙げられます。

訪問買取の業者は、無店舗営業型になっているところがほとんどです。
店舗を営業するための人件費や家賃、光熱費などがいっさいかからず、無店舗ゆえのコスト削減を実現しています。
そのため、店舗を構えている通常の買取業者よりもコスト面で有利なため、車を高値で買取してくれる可能性も高いのです。
例えば店頭買取で50万円の査定額だった車も、訪問買取業者なら55万円で買い取ってくれる場合があります。

また、無店舗型の訪問買取業者は在庫を抱えず、すぐリユース(再販)している点も高値買取の理由と言えます。
店舗を構えている業者は、買取した中古車を在庫として抱える必要があります。
こうした在庫の維持費はもちろん、場合によっては倉庫代もかかるため、高値査定が難しい側面もあるのです。

 

f:id:tkn2w:20180628100256j:plain

 

一方で、訪問買取をメインにする業者は、独自の販売ルートや流通ルートを構築し、速やかに在庫を他店へ流しています。
在庫を抱えた際のコストがほとんどかからないため、高値査定してくれることが多いのです。
独自ルートを構築している業者も多いですが、最も高値で売れるルートを把握している場合もあります。
そうしたルートで再販することで、高い買取価格を提示してくれる側面も持っています。

 

ただし、訪問買取は愛車が売れるまでに最低でも数日を要します。
そのため、すぐ車を売りたい時は店頭買取のほうが適しているでしょう。
買取価格は訪問買取業者よりも安くなりますが、1日で売却が済むのがメリットとなります。

逆に時間を掛けてでも高く売りたい・1円でも高値が良いという方は訪問買取が良いでしょう。
ネットから簡単に査定を申し込めますので、一度査定を受けてみてはいかがでしょうか。

usdm.shop-pro.jp

中古車の店頭買取と訪問買取の違い

f:id:tkn2w:20180628095807j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

中古車を業者に買い取ってもらう場合、まず買取方法を検討する必要があります。
中古車の買取では、大きく分けると店頭買取と訪問買取の2種類が一般的です。
ただし、それぞれは全く異なる買取方法ですので、選ぶ時は慎重に選びましょう。

店頭買取は、買取業者のお店や中古車販売店へ車を持ち込んで査定・買取してもらう手段です。
近隣に業者のお店などがある場合、売りたい車を持っていって査定を受けるのも良いでしょう。

 

店頭買取では、その場で査定と買取をしてもらえるため、予約不要なことが魅力になっています。
いつでも売りに行ける気軽さや、即日売却できる手軽さも店頭買取ならではのメリットです。
売るためにはいくつかの書類が必要ですが、用意さえすればすぐ売りに行くことができます。
その場で買取が行われ、現金を得られる点も人によってはメリットになるでしょう。

 

f:id:tkn2w:20180628100256j:plain

 

ただし、店頭買取は買取金額が安くなる傾向が目立ちます。
店舗を営業しているためコストが高く、買取金額に反映させにくいからです。
買取金額を重視するなら訪問買取のほうが良いでしょう。

 

一方の訪問買取は、買取業者が中古車を直接買取へ来てくれる方法です。
店頭買取とは違い、自分でお店などへ持ち込まずに済むことが大きな違いになっています。
無店舗型の業者も多く、インターネットで査定や買取の申込みを行うのが一般的です。
自宅や車の保管場所まで買取業者が訪問し、その場で査定と買取が行われます。

訪問買取一番のメリットは、わざわざ足を運ぶ手間を省けることにあります。
店頭買取では、売りたい車を持ち込む手間がかかるため、近くにお店がないと不便な方法です。
しかし、店頭買取は業者が自宅などへ来てくれますので、付近にお店がない場合はもちろん、時間がない方でも利用しやすい手段です。

時間を有効利用できることも訪問買取のメリットでしょう。
業者の営業時間やルートの影響は受けますが、ある程度好きな日程を選べるようになっています。
スケジュールに合わせて選んだり、空き時間を使ったりできますので、自由度の高い買取方法とも言えます。

一方、訪問買取は買取までに時間が最低数日必要です。
しかし、それ以外にデメリットはありませんので、時間に余裕があるなら訪問買取を選ぶと良いでしょう。

 

業者は様々あるものの、買取方法は各業者によって全く違うことにも注意しないといけません。
どの買取方法に対応しているかは業者次第ですので、前もって確認しておくと良いでしょう。

 

usdm.shop-pro.jp

コンパクトカーを購入するメリットとデメリット

f:id:tkn2w:20180627115824j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

現在の日本では、様々なタイプの普通自動車が販売されています。
その中でも特に異質的な存在とも言えるのがコンパクトカーではないでしょうか。
コンパクトカーは色んな車種が売られており、選択肢が豊富にあります。
乗り換えを検討中の方もいらっしゃると思いますが、色んなメリット・デメリットが存在します。

まずコンパクトカーの定義は、660cc以上のエンジンを積んだ普通自動車の中でも、特に車体サイズが小さい車を指します。
軽自動車と一般的な中型車の中間に位置するジャンルで、トヨタのヴィッツやフィット、スズキのスイフトなどが代表的な車種です。

 

コンパクトカーはその性質上、経済性に優れているのがメリットです。
燃費が軽自動車並に良い車種が主流になっており、ガソリン代の節約に繋がることが一番の利点でしょう。
軽自動車に抵抗がある方でも、コンパクトカーなら低燃費の恩恵を受けやすいのがメリットと言えます。

また、消耗品も安くて済む利点があります。
車は小型なほど維持費は安くなりますが、コンパクトカーも当然維持費の低減に繋がります。
一般的な普通自動車よりもバッテリー代などが抑えられるため、ガソリン代に限らず経済性に優れています。
ランニングコストを下げたいならコンパクトカーも候補に入るでしょう。

 

f:id:tkn2w:20180619093635j:plain

 

また、車体は比較的コンパクトながらも、軽自動車以上の積載スペース・広さを持ちます。
通常の中型車とほぼ遜色ありませんし、適度な空間を確保できるので居住性に優れています。
軽自動車の狭さが嫌という方はもちろん、通常の車は大きすぎると感じている方に向いています。
コンパクトカーは程よいサイズ感のため、軽自動車並の運転しやすさを実現しています。

 

経済性と程よい居住性がコンパクトカーの利点です。
しかし、普通車に分類されることに目を向けると、軽自動車にはないデメリットもあります。

特に欠点と言えるのが税金面でしょう。
コンパクトカーは普通自動車税のため、軽自動車よりも毎年の税金支払額は増加します。
また、それなりに重量があるので重量税も高く、税金面での恩恵はほとんどありません。
一般的なセダンやミニバン、その他普通自動車と同じ税額が掛かります。

 

中途半端なクラスであることもコンパクトカーのデメリットと言えます。
しかし感じ方は人それぞれのため、致命的な欠点とは言い切れません。
経済性と居住性のバランスを重視するなら、コンパクトカーは魅力の大きい選択肢となるでしょう。

 

usdm.shop-pro.jp