車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

Japan domestic marketがJDMです

f:id:tkn2w:20171021143254j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

Japan domestic market とは日本(国内)市場のことです。


特に日本国内向けに設計、あるいは対日輸出時に仕様変更された自動車車体や 日本国内で流通している自動車関連製品に対して用いられます。
自動車におけるカスタムの手法・ジャンルの一種となっているのです。
言葉の持つ意味通り、日本のパーツメーカー、 またはそれに準ずるメーカーが供給するパーツを用いて、北米の視点から見て車両をカスタムする手法がJDMカスタムとされています。
JDMと一言でいってもその解釈は様々になっていて、どれが正解ということもないのですが、それでも基本的には日本仕様、日本市場ということが根幹にあります。
次にJDMの定義についてより深く掘り下げてみます。

 

定義・概要


JDMの広義においては日本国内専売の自動車や日本仕様の純正部品、日本製アフターマーケットパーツを用いたカスタム手法を指す用語として用います。
一方の 狭義においてはスポーツコンパクト等のアメリカンカスタムにおいて、アメリカ国内において流通・販売されている日本車に対して、 北米に流通している日本メーカー、あるいはそれに準ずるメーカーの部品を用いてカスタマイズ、または日本車の日本純正部品を用いて 日本純正仕様、またはそれに順ずる仕様にカスタマイズすることを指します。日本国内においては広義、狭義とも広く(時には複合した意味で) 用いられているのが現状です。

狭義においてのJDMカスタムのベースとなる車種は、日本車、特にストリートレーサーに用いられているようなスポーツカー、 コンパクトカーが対象となることが多いです(そのため現地の「JDM」は日本の「USDM」と同義で用いられることが多いのです)。
またUSDMカスタムを施した車に対して北米向け日本製品を装着することもJDMと呼ぶことがあります。
ジャンルとしてはアメリカが発祥であり、それを日本に逆輸入したものであると考えて間違いありません。
本来JDMは車種や部品を限定したものではないのですが、 ジャンルとしての成立過程によって、しばしばUSDMあるいはスポーツコンパクトの範疇に含まれることがあるのです。

かなり、わかりにくい解釈となりましたが、日本市場、日本仕様という言葉をからめたら意味は通じます。
そこから、多くの人が独自の解釈をしていると考えていいでしょう。日本仕様にカスタマイズしたという表現がもっともピッタリくるしょうな気がします。

usdm.shop-pro.jp