車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

各自動車メーカーの先進運転支援システム(ホンダ自動車編)

TAG index

f:id:tkn2w:20180424140058j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

ホンダは自動車では2015年度の販売台数で世界第7位でバイクでは売上高も販売台数でも世界トップで、船外機でも販売台数は世界第4位で近年は創業者の本田宗一郎氏の長年の夢でもあった小型ジェット機への本格参入を表明しています。
ホンダ自動車は前輪駆動車の割合がとても多いのが特徴でまた本田宗一郎氏の環境に対する配慮から、ホンダの初代シビックを初め環境に配慮した量産車の製造体制を取っています。
今回はそんなホンダ自動車の先進運転支援システムについて、詳しく紹介していきたいと思います。

 

ホンダ自動車の先進運転支援システム

 

ホンダ自動車では車の安全性能の向上を開発の最重要テーマとしていて、交通事故データを解析するなどリアルワールドでの事故実態を重視し安全技術開発に役立てています。
そんなホンダ自動車の先進運転支援システムはレーダーとカメラによる「Honda・SENSING(ホンダセンシング)」で、CMBS(衝突軽減ブレーキ)やACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)やLKAS(車線維持支援システム)などです。CMBS(衝突軽減ブレーキ)はミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた高度な検知機能で、前走車や対向車や歩行者を認識し衝突の危険があると音や表示や軽い自動ブレーキで注意を促します。
さらに前走車や対向車や歩行者に接近すると強い自動ブレーキが掛かり、衝突回避や被害軽減を自動的に図ります。

f:id:tkn2w:20180424002359j:plain

ホンダ自動車のACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)とLKAS(車線維持支援システム)

 

ホンダ自動車の先進運転支援システム「ACC」は車に装着されているミリ波レーダーと単眼カメラが前走車を検知し、前走車がある場合は車間を設定した範囲内で自動で適切に制御します。
また前走車がない場合は設定したスピードを自動で維持し、渋滞追従機能が前走車の停止に合わせて自動で停車します。
LKASとは装着されている単眼カメラで車線を認識し、車が車線を外れそうな時に表示とステアリング振動で注意を促します。

 

まとめ

 

ホンダ自動車の先進運転支援システム「Honda・SENSING(ホンダセンシング)」はこれだけでなく世界初のシステム「歩行者事故低減ステアリング」は、装着されているミリ波レーダーと単眼カメラが歩道を歩いている歩行者と車線を認識して、車が車線を外れて歩行者に衝突する危険性がある場合には音と表示で警告してステアリング制御して回避操作を支援します。

 

usdm.shop-pro.jp