車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

各自動車メーカーの先進運転支援システム(フォルクスワーゲン編)

TAG index

f:id:tkn2w:20180420140136j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

フォルクスワーゲンは第二次世界大戦前にナチス政権の国策企業として設立された自動車メーカーで、現在では世界中の119か所に製造工場を持つトップメーカーです。
フォルクスワーゲンという社名はドイツ語で国民車を意味しますが、近年では高級車のSUVの「トゥアレグ」やFセグメントの高級セダンである「フェートン」なども販売するなど高級ブランド車も手がけています。
しかし2015年9月18日にアメリカで自社のディーゼル自動車に不正なソフトウェアを搭載していたことが発覚し、該当車種だけでも世界で約1100万台が不正の疑いがあることが判明しリコールに追い込まれました。
今回はそんなフォルクスワーゲンの先進運転支援システムについて、詳しく紹介していきたいと思います。

フォルクスワーゲンの先進運転支援システムとは

ディーゼル車の1部の車種がアメリカで排出ガス規制不正問題を引き起こしたフォルクスワーゲンですが、フォルクスワーゲンの車にはしっかりと先進安全運転支援システムが搭載されています。
例えば車線をはみ出さないようにステアリング操作をサポートするアシスト機能や、渋滞や信号待ちの時のストレスを軽減する追従支援システムなど最新の先進テクノロジー機能が装備されています。
さらにドライビング中に知りたいことはすぐに簡単にリアルタイムで情報を得ることができる「Guide&Inform」は、インフォテイメントシステムのタッチスクリーンにスマートフォンのアプリを取り込む革新的な技術「App-Connect」とパソコンやスマートフォンからプラグインハイブリット車の主な機能に簡単にアクセスできる「e-Remote」から成り立っています。

フォルクスワーゲンの先進運転支援システム「Lane・Assist」と「Traffic・Assist」

「Lane・Assist」とはレーンキープアシストシステムのことで走行中に車が車線を踏み越えそうになった時に、それを回避するためにハンドル操作をサポートする自動運転機能のことです。
「Traffic・Assist」とは渋滞時追従支援システムのことで渋滞の時に、停止している車の後ろで停車するまで減速して先行車の動きを検知して再び自動で発進する自動運転機能のことです。
フォルクスワーゲンでは全ての車種に世界トップレベルの安全技術を標準装備しています。
フォルクスワーゲンの先進運転支援システムは予防安全・衝突安全・二次被害防止の、3つのステージで総合的に危険を回避するための技術が搭載されています。

まとめ

フォルクスワーゲンの車には車種によって「Rear・Assist」と呼ばれるリヤビューカメラや、リヤトラフィックアラートと呼ばれる後退時警告や衝突軽減ブレーキ機能も搭載されています。

 

usdm.shop-pro.jp