車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

車を運転するのが好きな人に向いてる職業

TAG index

f:id:tkn2w:20171114223528j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

オーストラリアのパースでドラッグレースのテスト走行中に、8歳の女の子が衝突事故を起こし死亡しました。
この女の子はドラッグレースのジュニア種目に参加していて、ドラッグレースとは元々はアメリカの若者たちの夜中の違法レースが発祥です。
普通のサーキット競技とは異なり直線コース上で停止状態からスタートし、ドラッグレース専用車の場合は数秒で勝敗がつきます。
レーサーになるのは小さい頃からレースに出場する必要があり、巨額なお金と時間が掛かります。
そこで今回は車を運転するのが好きな人に向いてる、職業について詳しくご紹介していきます。

 

タクシー運転手とトラック運転手

 

車を運転する職業としてはタクシー運転手とトラック運転手が代表格ですが、タクシー運転手にもタクシー会社に勤務する場合と個人タクシーの2種類があります。
タクシー運転手の場合は基本的には歩合制なので、乗客と走行距離で収入が決まります。
トラック運転手も長距離トラック運転手やトレーラートラック運転手や、ダンプトラック運転手などさまざまです。
長距離トラック運転手は大型トラックや中型トラックに乗り、クライアントから依頼された荷物を遠隔地へ運ぶのが仕事です。
トレーラートラック運転手はトレーラーと呼ばれる牽引車でコンテナ・タンクローリー・ダンプなど、さまざまな車を牽引するのが仕事です。
ダンプカー運転手はダンプカーと呼ばれる油圧式のピストンを備えた、大型トラックで工事用の砂利などを運ぶのが仕事です。

 

需要が多い配送ドライバー

 

配送ドライバーは普通免許証で小型トラックに乗ってクライアントから依頼された荷物を、個人宅やオフィスなどに配送したり依頼主の元へ荷物を引き取りに行ったりするのが仕事です。
配送ドライバーは自分のエリアが決まっていることが多く、そのエリアの配送ルートや渋滞などの交通情報にも精通しています。
特に近年では通販やネットで注文した商品を届けることが多く、なかには即日配送サービスを行っている通販会社もあり配送ドライバーが不足しているのが現状です。
また通販会社だけでなく最近ではスーパーやコンビニなども、配送サービスを始めているので配送ドライバーの需要はさらに増すと考えられます。

 

まとめ

 

車を運転する職業としては他にもバス運転手やタンクローリー運転手やミキサー車運転手などがあり、バス運転手も路線バスを運転する場合と観光バスなどの貸切バスの運転手といます。
レーサーになるのは難しくても、車を運転する職業はまだまだありそうです。

 

 

usdm.shop-pro.jp