車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

車の車検業者を選ぶためのコツ

TAG index

f:id:tkn2w:20180627113600j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

車に乗り続けるうえで、数年に一度欠かせないのが車検です。
車検へ通さなければ公道を走行できず、また車の不具合などを発見することも難しくなります。
しかし、車検業者は多数あるうえ、料金も業者ごとに異なるのが実情です。
1万円でも車検費用を安くしたい、信頼できる業者を選びたい、という方も多いかと思います。

 

車検業者を選ぶ時は、まずディーラーにするか、民間業者にするか決める必要があります。
ユーザー車検という選択肢もありますが、若干ハードルが高いため車の知識がある方なら候補に入るでしょう。
逆に車のことはプロに任せたい方や、点検整備に詳しくない方はディーラーか民間をおすすめします。

 

f:id:tkn2w:20180619093635j:plain

 

ディーラー車検はサービス・品質ともに最高水準ですが、費用面で民間に劣ります。
一方の民間業者は費用も比較的安価で、サービスや品質は業者によりけりです。
費用を安くしつつ一定のサービス。品質を望むなら、必然的に民間業者が候補になるでしょう。

民間業者の中から選ぶ場合、まず料金の確認をおすすめします。
業者へ車検の見積もりを出してもらうのが良いでしょう。
料金をディーラーと比較してみるのもおすすめです。

料金をチェックする際は、内訳を重点的に見ることが大切です。
法定費用はどの車検業者も一定で、これが変動することはありません。
一方、点検整備費用に関しては業者一様ではなく、それぞれ異なっているためです。
ディーラーなどは5~6万円を超えることも珍しくありませんが、民間業者は3~5万円程度と割安なものの、業者ごとに開きがあります。

また、その民間業者の評判も確認してみましょう。
大手であればインターネットでチェックできますので、ユーザーの評判を見て決めることをおすすめします。
ただし、個人営業の車屋や、中小の業者は評判が確認しづらいため、チェックできる場合のみで良いでしょう。

 

料金と評判をチェックすれば、車検業者選びで間違うことはほとんどありません。
しかし料金が安いと品質が悪いとは限らず、逆に高いから品質が良い・評判も良いとは限らないので注意が必要です。

いずれにせよ、いくつかの車検業者へ見積もりを依頼すると良いでしょう。
特に料金を重視する方は見積もりが最も重要な段階です。

ただ、民間業者は当たり外れが激しいため、悩んだらディーラーに依頼するのもおすすめです。
費用は高くなりますが、サービスと品質に外れはなく、アフターサポートも充実しています。
料金とサービス・品質のどちらを重視するかで選びましょう。

 

usdm.shop-pro.jp