車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

事故車であることを隠して売るとどうなる?

f:id:tkn2w:20180510111222j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

事故を起こした車は事故車とされる場合がありますが、全てがそうなるわけではありません。
一般には事故によってフレームが歪むなど、修理が非常に難しく、走行・運転に支障をきたす状態の車を指します。
単にバンパーを破損しただけのように、走行に影響がないものは事故車に該当しません。

ただ、事故車に該当してしまうと車の価値が極端に下がり、買取価格が数万円にまで下がってしまう場合もあります。
買取業者によっては事故車を査定不可としており、買取拒否されることも珍しくありません。

しかし、これは売りたい車を事故車である、と事前に業者へ伝えた場合の話です。
では逆に、事故車である事実を隠して業者へ売ったり、査定を受けた時はどうなるのでしょうか?

結論から言いますと、もし事故車である事実を隠しても買取業者にすぐバレてしまいます。
バレないと考えている方もいらっしゃると思いますが、隠してもほぼ100%バレるので注意しましょう。

車の買取業者は査定のプロであり、通常の車と事故車の違いは認識しています。
ほぼ完全に修理を行ったとしても、ちょっとした違いから事故車を見分けているためです。
例えば、ドアやボンネットの隙間が平行ではない場合、事故車である可能性を見抜きます。
通常の車であれば、ボンネットなどの隙間は常に一定で、特定箇所だけ広くなったり狭くなったりすることはありません。
こうした違和感を見抜かれ、事故歴の有無を確認されるでしょう。

 

f:id:tkn2w:20180510105623j:plain

 

また、本来なら交換しないような部品や、特定の部品が新品だった時も事故車の可能性を見抜きます。
自分では完璧に思えても、買取業者は些細な違いを見抜いていますので、事故車の事実を隠しても意味がないのです。
もし査定の段階でバレた場合、その場で買取を拒否されてしまうでしょう。

万が一バレずに業者が買い取ってくれたとしても、後で損害賠償を請求されるおそれがあります。
悪質だと判断された場合は、買取に関する契約そのものが無効となり、買取などにかかった費用や、キャンセル料を払うことになります。
そのような危険を犯してまで、事故車であることを隠す必要はないでしょう。

いずれにしても、事故車の事実を隠して売ることは非常に危険で、リスクしかないことに注意が必要です。
もし事故車を売るのであれば、専門の買取業者をおすすめします。
どのような状態でも買い取ってもらえるため、リスクを犯す必要もありません。
通常の買取業者では買取拒否される車でも売却できます。

 

usdm.shop-pro.jp