車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

USDMはエンブレムチューンから始めてみる

TAG index

f:id:tkn2w:20180228110827j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

USDMは、アメリカンライフを日本の日常でも体現するのが目的です。
ですから、単に車だけではなくドライバーの服装、車内のアクセサリー、そしてシートに置いた雑誌やドリンクホルダーの飲み物までアメリカ製品(またはブランド)で固めるユーザーもいたのです。
なかでも一番簡単かつ効果的なのは、やはり車のエンブレム類ですね。
日本ではトヨタブランドで販売されているレクサス車(トヨタ ランドクルーザープラドのレクサス GX化や、セルシオのLS化、ウィンダムのES化)のエンブレムをトヨタからレクサスに交換している人も多いです。

 

西海岸ルーツ、ストリートから生まれたローライダーカスタム


異常なまでに車高を落としたアメ車を見たことがあると思います。
それはいわゆる「ローライダー」と呼ばれるカスタムの可能性が高いです。
油圧式の車高調を搭載することで、低い車高ながらある程度の実用性ももたらしているのです。
ローライダーのルーツは1950年代の北米西海岸ですね。
もともとメキシコ系移民が始めたカスタムとされ、決して裕福でない当時の彼らが、安価な中古車(旧型のシボレー)を新車に負けないよう華やかにする…といった思いの中で生まれたカスタムなのです。
このスタイルは日本でも80年代後半ごろに根付いています。
クルマのカスタムカルチャーなのですが、音楽、ファッション、ライフスタイル…これら統合的なカルチャーとも相関があり、そのバックボーンがあまりにも違うため、日本で大ブームとまではいかなかったのです。
しかし、こうしたスタイルを愛する人々は現在も存在するのも事実です。
スタイリッシュなカスタムカルチャーと捉える事もできますね。

 

聞き慣れない「キャルルック」


「キャルルック」カスタムをご存じでしょうか。
もしかしたら聞き慣れないかもしれません。
「CAL LOOK」、つまり「カルフォルニア風」というようなニュアンスのカスタマイズです。
90年代にカリフォルニアでちょっとしたブームになったカスタムスタイルで、ブルーやオレンジ等、華やかな原色系のカラーリングを施しています。
ローダウンやチョップド仕様にするカスタマイズ。
これもファッショナブルなカルチャーと言えます。
ベースはVWビートルやVWバンなどが多く、絵になるものが多い印象です。
とはいえ、自分で乗るにはなかなか勇気がいるかも…というくらい派手なカスタムとなっているのです。
現在でも日本の軽自動車を「キャルルック」のコンセプトで仕立てるショップもあるようです。
カスタムカルチャーとして定着している部分もあるといえますね。
スズキのハスラーやダイハツのアクティバのエクステリアにも少し、このキャルルックのファニーなテイストがあるような気もします。

 

usdm.shop-pro.jp