車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

40代前半で買えそう車を徹底検証!

f:id:tkn2w:20170611222020j:plain



昔であれば就職すると定年退職まで同じ会社に勤めるのが普通でしたが、今の時代はいくらそう思っていても転職を余儀なくされることもあります。
それと以前であれば転職も35歳までにしないと再就職先も見つからないとも言われていましたが、今は時代が変わり40歳を過ぎても転職する人が後を絶ちません。
ただ40歳を過ぎて転職する場合には、35歳までに転職するのとは違い転職先から求められる能力も高くなります。
それでも40代前半で転職し、年収アップに成功する人もいます。
そこで今回は40代前半であれば、どんな車を買えそうか徹底検証していきます。


40前半の平均年収って一体どのくらいなの?



国税庁が公表している2015年度の民間給与実態統計調査によると40歳~44歳の40前半の平均年収は459万円で、40歳代前半の男性の平均年収は568万円で40歳代前半の女性の平均年収は292万円でした。
これを見る限りでは40歳代前半の男性と女性の平均年収にかなりの格差がありますが、これは女性の場合は男性と違って非正規雇用のパートやアルバイトが増えるからです。
また40代前半のここ10年間の平均年収の推移を見ると2005年の40前半の平均年収は658万円で、2006年が656万円で、2007年が662万円で、2008年が663万円で、2009年が620万円で、2010年が632万円で、2011年が623万円で、2012年が614万円で、2013年が638万円で、2014年が634万円でした。
また厚生労働省が公表している2016年度の賃金構造基本統計調査によると、都道府県別年齢別年収が掲載されていて東京都の40歳の男性の平均年収は692万円でした。
こうして見ると40前半の平均年収と一概に言っても男性と女性でも格差があり、東京都と他の地域とでもかなりの格差があるようです。


40代前半だとどんな車が買えそうなのか?



車の適正購入金額は年収の50%以下なので40代前半の男女合計の平均年収は459万円なので、40代前半であれば229万円以内の車であれば購入しても大丈夫なようです。
ただ前述したように同じ40代前半でも男性と女性では平均年収もかなりの格差があり、40歳代前半の男性の平均年収は568万円なので284万円以内の車が買えそうで、40歳代前半の女性の平均年収は292万円なので146万円以内の車が買えそうです。
40歳代前半の男性であればハイブリッドカーの新車でも買えそうで、ハイブリッドカーの新車であれば燃費が良いだけでなく税金も優遇されます。
ハイブリッドカーはエンジンと電気モーターという2種類の組み合わせが主流で、エンジンを掛けてそのエネルギーを効率的に蓄電してその電気でモーターを動かす仕組みです。
以前はハイブリッドカーの新車価格はとても高かったのですが、最近ではハイブリッドカーの新車価格もかなり下がっています。
例えばカローラのアクシオ・ハイブリッドの新車価格は203~240万円なので、40歳代前半の男性であれば経費を入れても十分に買えそうです。


カローラのアクシオ・ハイブリッドの特徴



カローラのアクシオ・ハイブリッドは2012年5月から販売され「TOYOTA・Safety・Sense・C」を搭載したハイブリッドカーで、「TOYOTA・Safety・Sense・C」はレーザーレーダーと単眼カメラ2種類のセンサーを組み合わせた検知システムでJNCAP予防安全性能評価で最高ランクの「ASV+」を獲得しています。
アクシオ・ハイブリッドのキャッチコピーは「コレカラカローラ」でフルモデルチェンジで、低重心さが強調されスポーティ性がありながらモダンさも残します。


まとめ



40代前半で買えそう車な他にもありますが40代前半だと年収もかなりの格差が出てくるので、やはり年収に応じた車を購入することが大事です。
特にこの世代だと車はまだステイタスの象徴でもあるので、転職し年収アップに成功すればもっと高級車にも乗れるようになります。