車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

1円でも高く!クラシックカーを売る時に気を付けたいポイント

TAG index

f:id:tkn2w:20190302204638j:plain

そもそもクラシックカーって?

 

中古車市場を見渡すと、中には数十年も前に製造された車もあります。
こうした古い車はクラシックカー・旧車と呼ばれており、ファンも非常に多いのが特徴です。
ネガティブな言い方をすれば単に古い車ですが、根強いニーズがあるため、オークションや中古車市場では高額売買されています。

例えばフォルクスワーゲンのビートルは、50年以上前に製造された個体も高値で取引されています。
レトロなデザインから人気も高く、100万円を超える価格が付くことも珍しくないでしょう。

その反面、クラシックカーは維持費が非常に高額で、負担が大きいために手放す方も少なくありません。
現在売却を検討中の方もいらっしゃると思いますが、売るにしてもちょっとしたコツが必要になります。
全く値がつかないからと、廃車を選ぶ方も少なくないのが実情です。

クラシックカーも価格はピンキリで、場合によっては安く買い叩かれたり、値が付かない場合も珍しくはありません。
しかし、逆に高額買取されるケースもあるため、廃車を選ばずに済むことも多いのです。
1円でも高値で売りたいところですが、クラシックカーはそれ特有の事情があり、普通の業者に査定してもらってもまず売れません。
このため売却の際はいくつか注意しておきたいポイントがあります。

クラシックカーを売る時に見ておきたいポイントと注意点

希少性の高いクラシックカーですが、通常の中古車と同じような感覚で売ると痛い目を見ます。
特に以下の5つは押さえておいたほうが良いでしょう。

 

クラシックカーの買取に強い業者を選ぶ

 

クラシックカーを売る時にまず気を付けたいのが買取業者です。
車の買取業者と一口に言っても、それぞれ強みや弱みがあります。
例えば幅広い車種の買取を行っている業者もあれば、外車の買取に強い業者も存在します。
その中には、クラシックカーや旧車の買取に強みを持つ業者もあるのです。

売る際は、こうしたクラシックカーの買取実績が豊富で、強みを持った業者を選ぶ必要があります。
一般的な業者も査定は行ってくれますが、ゼロ円査定になったり無料引き取りとなることも珍しくありません。
売るのであれば、必ずクラシックカーの買取に強い業者を選びましょう。

 

業者を比較することも大事

 

ただ、クラシックカーの買取に強い業者を見つけるのは非常に困難です。
中古車買取店へ飛び込みで査定を依頼しても、安く買い叩かれるのが関の山でしょう。

現在はインターネット上のサービスで一括見積があります。
複数の業者に車の査定を依頼できるサービスですが、各業者の査定額を比較できるのが強みです。
クラシックカーを買取してくれる業者も簡単に見つかりますので、一度利用してみると良いでしょう。
査定結果をチェックし、1円でも高値を付けた業者に売ることをおすすめします。

 

走行距離の多さや年式は価格に影響しない

 

一般的な車の場合、走行距離や年式が買取価格に影響を及ぼします。
査定員がこれらをしっかりチェックしますので、年式は新しく、走行距離は少ないほど高値が付きやすいのです。
買取金額が走行距離と年式のみで決まると言っても過言ではなく、買取相場んおいても大きなウェイトを占めています。

しかし、クラシックカーに関してはこの査定基準がほとんど当てはまりません。
すでに製造から数十年が経過しており、走行距離が数十万kmにも及んでいる個体も少なくはないからです。
もちろん走行距離と年式も査定基準になっていますが、通常の車ほど重要性は高くありません。

クラシックカーの場合は市場での人気度や、エンジンなどの状態のほうが買取金額に影響します。
特に人気度は重要性が高く、不人気車は価格や安くなるので注意しましょう。

 

しっかりとメンテナンスを行う

 

なお、クラシックカーは外観の状態も買取金額に影響を及ぼします。
ボロボロの個体は売れない可能性がありますので、売却前に隅々までメンテナンスを行いましょう。

大切に乗られた車ほど高値が付きますが、メンテナンスが行き届いていれば、業者も大事に査定してくれます。
査定員の心象も良くなりますので、売却前には洗車したり、エンジンの状態をチェックしておきましょう。

 

動かない車でも高値で売れる可能性がある

 

一方でエンジンが壊れている場合でも高値が付くことがあります。
これもクラシックカーならではで、レストアベースと呼ばれる個体が当てはまります。

ただし、レストアベースは通常のクラシックカーよりも更に人気は狭まり、買い手が限られるのがネックです。
業者探しに時間を掛けるか、場合によっては個人売買を行ったほうが高く売れる可能性があります。

 

まとめ

 

レトロで豊富なバリエーションが魅力のクラシックカーですが、一定の人気があるため高値で売れる車種も少なくありません。
その一方で売却は少々難易度が高く、特に業者選びは時間を掛けて行う必要があります。
100万以上の値で売れることもありますが、逆に0円になる可能性も否定できません。
売却時は業者をしっかり選び、メンテナンスを行ってコンディションを良好に保っておきましょう。