車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

民間車検を利用するメリットとデメリット

TAG index

f:id:tkn2w:20180424143737j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

車検はディーラー車検が一般的ですが、民間業者を利用する民間車検も検討の余地があります。
ディーラー車検にはないメリットがあり、場合によっては民間車検を利用したほうが良いでしょう。

民間車検一番のメリットは費用の安さにあります。
平均的な相場は普通車で7~8万円ですが、業者によって料金に違いがある点も特徴です。
軽自動車の場合は更に安く、5~6万円で済ませられる場合もあります。

通常のディーラー車検の場合、車検費用が10万円を超えることも珍しいものではありません。
車検費用が高いと感じたり、車検を受けることが嫌になったりする方もいるでしょう。
軽自動車でも8万円前後となるため、割高感を感じてしまうかと思います。

上記と比べると、民間車検がいかに安いかお分かりかではないでしょうか。
法定費用はディーラーと変わりありませんが、点検整備費用は抑えることが可能です。

 

ディーラーに車検を依頼すると、部品は全て純正品を使用します


これが費用を高くしている原因でもありますが、民間業者の場合は汎用品や社外品を使うことが多めです。
また、ライバルが多いことから、付き合いが長い業者になると基本料金をサービスしてもらえる場合もあります。
様々な要望に柔軟対応してもらえますので、費用を安く済ませたい方は相談してみると良いでしょう。

f:id:tkn2w:20180424002359j:plain


費用面を見ると、民間車検を利用したほうがはるかに良いと考えられます。
しかし、民間車検はディーラー車検とは違った欠点もあるため、人によっては適していないでしょう。

特に大きなデメリットが業者の当たり外れです。
民間車検は個人の小さな工場から大手の業者まで、非常に多くの業者が存在します。
ディーラー車検とは違って品質が一定ではなく、当たり外れが大きい点がネックとなります。

質が悪い業者も中にはありますし、費用に見合った点検・整備を実施してくれるか疑問が残る業者もあります。もし民間車検を利用する時は、時間をかけて業者を選ぶことになるでしょう。

 

部品交換などには汎用品を使う業者があるため、安全性に不安を感じる方には適していません。


純正品を使う業者も少なくありませんが、費用が高くなるので注意が必要です。
費用と品質のバランスを取りづらいことが民間車検最大のネックとも言えます。

しかし、車検費用の安さはディーラー車検にはない魅力です。
費用の安さならユーザー車検という手段もありますが、手間を考えると気軽に利用できません。
もし車検代を抑えたいなら、民間車検の利用を検討してみましょう。

 

usdm.shop-pro.jp