車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

車で独立開業(中古車販売店編その1)

f:id:tkn2w:20170830200358j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

車が好きで車で独立開業したいと考えていれば、中古車販売店を始めるのも選択肢の一つです。
中古車販売店を始める場合も個人経営にするか、それとも会社を設立して法人にするかこれも選択肢があります。
さらに店舗を構えるか中古車オークション代行を中心にした中古車販売にするか、中古車販売で独立開業する場合もいろいろな選択肢があります。
そこで今回は中古車販売で独立開業する場合に、どんな準備をすればいいのか開業までの流れについて解説します。

 

中古車販売を始めるには古物商の営業許可を取得する

 

中古車販売を始めるには古物商の営業許可を取得する必要がありますが、古物商許可も古物商と古物市場主の2種類があり自分で中古車を売買をするだけなら古物商の営業許可を取得するだけで大丈夫です。
古物商の営業許可も13品目あり自動車商を選択し、管轄の警察署で申請の手続きを行います。
古物商の営業許可を申請するのに必要な書類は警察署によっても違いますし、各都道府県の公安委員会によっても異なります。
例えば東京都の場合であれば個人で独立開業するのであれば、住民票・身分証明書・登記事項証明書・誓約書・略歴書が必要です。

 

その他にもしないといけない登録や手続き

 

中古車販売を始めるには古物商の営業許可を取得するだけでなく自動車リサイクル法引取業登録や、自動車リサイクルシステムへの事業者登録やオートオークションへの入会や自賠責保険の代理店登録が必要です。
自動車リサイクル法引取業登録や自動車リサイクルシステムへの事業者登録は、中古車販売を始めると再び販売をできるような中古車の下取り車だけでなく廃車する中古車を引き取ることもあるからです。
オートオークションとは中古車販売業者が参加してオークション形式で中古車を安く仕入れたり、在庫の中古車をオークション会場で売却することもできます。

 

まとめ

 

独立開業して中古車販売店を始めるにも選択肢もさまざまで、古物商の営業許可を取得したりその他にもしないといけない登録や手続きなどたくさんあります。
さらにどんなビジネスであれ独立して開業するのは容易なことではなく、資金も掛かりますし必ずしも儲かるという保証もありません。
まして一人で独立する場合は従業員もいないわけですから、中古車の仕入れから接客まで全て自分でやらなければいけません。
次回はどうすれば中古車販売店を始めて赤字にならず、利益が出るかなどをご紹介していきます。

usdm.shop-pro.jp