車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

車の買い替えはいつがお得なのかを徹底検証

f:id:tkn2w:20170821132903j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

車を買い替えるタイミングを迷う人は多いようですが、どのタイミングが最もお得なのか知りたいものです。
車は高額商品で決して安い買い物ではないので、新車が出るたびに車を買い替えていたらいくらお金があっても足りません。
一般的な乗り方であれば車は10年間で10万キロと言われていますけど、10万キロも走ると車の価値もなくなり下取りにも出せないとも言われています。
ただ車も結婚して子供ができるとワゴン車が欲しくなったり、燃費が良い軽自動車に買い替えたいと思います。
そこで今回は車の買い替えは、いつが一番お得なのかを徹底検証してみます。

 

車は乗りつぶすのが一番お得

 

車を買い替える理由で最も多いのが古くなって、故障が多く修理代にお金が掛かるというものです。
しかし日本車はとても丈夫で定期的にちゃんとメンテナンスをしていれば、10年間どころかもしかしたら一生乗れるかもしれません。
よほど通勤などで長距離を毎日走行しなければ、商用車でない限り車はそう簡単に壊れるものではありません。
消耗品やオイルの交換をこまめに行ったり定期的にメンテナンスをしていれば、事故でも起こさない限り車はそうそう潰れるものではありません。
ただ新車から11年が過ぎると重量税が高くなり、13年が過ぎると今度は自動車税が上がります。
さらに車も10年を過ぎるといろんな箇所に不都合が出て、車検代も高くなり維持費がかさんできます。

 

高値がつくのは新車購入から2年未満で走行距離3万キロ未満の車

 

車の買い取り価格で最も高値がつくのは、新車購入から2年未満で走行距離3万キロ未満の車です。
ただいくら程度がいい車でも買い取り価格は新車価格の半値以下なので、新車価格が300万円でも買い取り価格は120万円~140万円前後が相場です。
これはいくら程度がいい車でももし高値で買い取ると、中古車業者がその買い取り価格に利益をプラスすると、新車価格とあまり差がなくなり売れなくなるからです。
そのため買い取り価格がいくら高くても2年未満で、車を売るのはあまりお得とは言えないようです。

 

まとめ

 

それではいつ車を売るの一番お得なのかですが中古車の査定のプロの多くが、新車購入から5年未満で走行距離3万キロ未満の車が理想的と口を揃えています。
その理由は中古車業者からすれば新車購入から5年未満で、走行距離が3万キロ未満の車が一番安心で売りやすいからです。
なぜ安心かと言えば5年未満だと主な部品のメーカー保証がまだ残っているので、仮に購入者がその車に乗っていて故障しても対応できるからです。
そのため売る方も高値で売れ、買う方も高値で買えます。

usdm.shop-pro.jp