車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

年収700万円だといくらの自動車が買えるの?

f:id:tkn2w:20170524093750j:plain


日本のビジネスパーソンの平均年収が約420万円なので、年収700万円だと平均年収の約1.5倍です。
平均年収の約1.5倍の年収だとかなり良い車が買えそうですが、実際には年収700万円だといくらの自動車が買えるのでしょうか?
まず年収700万円の人ですが国税庁による民間給与実態統計調査によると男性が約170万人で、女性が約25万人で割合で見るとそれぞれ男性が5.9%で女性が1.28%です。
次に年収700万円の手取りですが独身の場合と扶養家族がいる場合と異なりますが、源泉徴収や社会保険料を差し引いた手取り年収はだいたい529万円前後です。
年収600万円の手取り年収がだいたい500万円前後なので額面金額で年収が100万円上がっても、実際の手取り年収はわずか29万円程度しか違いません。
これだとせっかく年収が700万円にアップしても年収600万円と比べて、手取り額があまり変わらず良い車が買えそうにありません。
では年収700万円だといくらくらいの月収になるのかですが、手取り年収529万円を単純に12ヵ月で割ると月収約44万円になりますが、ボーナスが年間で4ヵ月とすると16ヵ月で割ることになるので月収約33万円になります。


年収700万円だといくらまで自動車ローンを利用して買っても大丈夫なのか?



日本の税制では年収がアップしてもそれに応じて、手取りの年収が上がるわけではないことは分かりました。
また日本の企業で年収700万円だと大企業の30代後半から40代の年収で、この年齢だと結婚していれば子供が中学生から大学生です。
もし私立学校の通う高校生や大学生の2人の子供がいれば年収の約50%が上限と言われている、350万円の車を購入する場合もあまり無理して自動車ローンを利用して買うと後が大変です。
では年収700万円だといくらまで、自動車ローンを組めるのでしょうか?銀行や信用金庫などの金融機関のフリーローンであれば新車でも中古車でも、ほとんどの金融機関が年収を超えない範囲であれば融資してくれます。
つまり年収700万円だと自動車ローンを利用して、車を買おうと思えば頭金なしでも700万円でも買えます。
銀行や信用金庫などの金融機関のフリーローンであれば総量規制に関係ないからですが、ただフリーローンの融資審査の時に他の金融機関からのキャッシングなどは調べられます。


年収700万円の人がもし350万円の車を購入するとすればどんな車が買えるのか?



トヨタのセダンタイプの新車であればトヨタブランドとしてはプリウスの発売から12年ぶりに、ハイブリッド専用モデルとして2009年に発売されたSAI(サイ)であれば年収700万円の人でも買えそうです。
SAIのプラットフォームはプリウスやHSと共通の新MCプラットフォームが採用されていて、トヨタで販売されているハイブリッド車のラインナップではクラウンのハイブリッド車とプリウスの中間車種としての位置付けです。
SAIは基本仕様のSに上級仕様のGとS・CパッケージにG・Aパッケージとそれぞれのグレードがあり、SAIのSグレードであれば新車価格が税込みで330万3818円でS・Cパッケージであれば340万6909円です。
例えば新車価格が330万3818円のSAIのSグレードを通常の5年の、自動車ローンを利用して買うとすれば月々の支払いが約6万5000円程度になります。


まとめ



年収700万円の人であれば一般的に350万円までの車を買っても大丈夫だと言われていますが、もし350万円全額を自動車ローンで組むと月々の支払いが6万円を超えます。
年収700万円でも独身であれば全額を自動車ローンで組んでも特に問題がないかもしれませんが、受験を控えた子供や大学生の子供がいるのであれば少しでも頭金を用意したほうが賢明です。