車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

コンパクトカーを購入するメリットとデメリット

TAG index

f:id:tkn2w:20180627115824j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

現在の日本では、様々なタイプの普通自動車が販売されています。
その中でも特に異質的な存在とも言えるのがコンパクトカーではないでしょうか。
コンパクトカーは色んな車種が売られており、選択肢が豊富にあります。
乗り換えを検討中の方もいらっしゃると思いますが、色んなメリット・デメリットが存在します。

まずコンパクトカーの定義は、660cc以上のエンジンを積んだ普通自動車の中でも、特に車体サイズが小さい車を指します。
軽自動車と一般的な中型車の中間に位置するジャンルで、トヨタのヴィッツやフィット、スズキのスイフトなどが代表的な車種です。

 

コンパクトカーはその性質上、経済性に優れているのがメリットです。
燃費が軽自動車並に良い車種が主流になっており、ガソリン代の節約に繋がることが一番の利点でしょう。
軽自動車に抵抗がある方でも、コンパクトカーなら低燃費の恩恵を受けやすいのがメリットと言えます。

また、消耗品も安くて済む利点があります。
車は小型なほど維持費は安くなりますが、コンパクトカーも当然維持費の低減に繋がります。
一般的な普通自動車よりもバッテリー代などが抑えられるため、ガソリン代に限らず経済性に優れています。
ランニングコストを下げたいならコンパクトカーも候補に入るでしょう。

 

f:id:tkn2w:20180619093635j:plain

 

また、車体は比較的コンパクトながらも、軽自動車以上の積載スペース・広さを持ちます。
通常の中型車とほぼ遜色ありませんし、適度な空間を確保できるので居住性に優れています。
軽自動車の狭さが嫌という方はもちろん、通常の車は大きすぎると感じている方に向いています。
コンパクトカーは程よいサイズ感のため、軽自動車並の運転しやすさを実現しています。

 

経済性と程よい居住性がコンパクトカーの利点です。
しかし、普通車に分類されることに目を向けると、軽自動車にはないデメリットもあります。

特に欠点と言えるのが税金面でしょう。
コンパクトカーは普通自動車税のため、軽自動車よりも毎年の税金支払額は増加します。
また、それなりに重量があるので重量税も高く、税金面での恩恵はほとんどありません。
一般的なセダンやミニバン、その他普通自動車と同じ税額が掛かります。

 

中途半端なクラスであることもコンパクトカーのデメリットと言えます。
しかし感じ方は人それぞれのため、致命的な欠点とは言い切れません。
経済性と居住性のバランスを重視するなら、コンパクトカーは魅力の大きい選択肢となるでしょう。

 

usdm.shop-pro.jp