車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

マクラーレンが「セナ」を発表!

TAG index

f:id:tkn2w:20180607100121j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

少し前の話ですが、第88回ジュネーブモーターショー(2018年3月7日)でマクラーレンが「セナ」を発表したのです。
セナといったら、中高年の人には思い出深いアイルトン・セナですね。
セナが活躍したF1の時代をリアルタイムに見ていた人もすでに50歳代ということですから、時の経つのは早いものです。
それでも、セナの名は永遠なのはインターネットの普及が大きいでしょう
現在はセナの当時の動画をネットでいつでも見ることができるのです。
必要な情報も手に取るように取り出すことができるのですから、良い時代になりましたね。

 

f:id:tkn2w:20180605131150j:plain



中高年の人が昔を懐かしむようにしか聞こえないかもしれませんが、90年前後のF1は現在のF1とは別格というくらい人気がありましたし、とても面白かったのです。
T-スクエアのTruthがいまでも脳内にこびりついている人も少なくないでしょう。
この曲を聴きながら車でドライブするのは危険きわまりないことだったのです。
それにしても、セナを語ろうと思うと話題にキリがないですね。

さて、マクラーレンセナです。
セナが一番輝いていた時代は、言うまでもなくマクラーレンに所属していた時期です。
マクラーレンとホンダとのタッグにセナとプロストがいたのですから当時のマクラーレンホンダは無双状態だったのです。
これ以外でセナの名前を最近耳にした事件があったのです。
それは、オークションでマクラーレン時代のセナの乗っていたF1カーをロン・デニスが落札したとか…ロン・デニスはまだ生きていたんですね…。

 

脱線しましたが、マクラーレンセナです。
マクラーレンの最上位に位置付けされている、アルティメットモデルの最高峰の車です。
スペックは、セナの何恥じない4リッターV8ツインターボエンジンで800psとなっています。トルクは800Nmですよ…。
どれだけモンスターマシンにしたら気が済むのかというくらいのスペックですが、0-100の加速も2.8秒ですからものすごいマシンに仕上がりました。

最高速は340km/hですから、音速の貴公子と言われたセナの名前を冠するマシンだけのことはあります。
デザインはスーパースポーツカーという感じでグラマラスなボディとなっているのですが、車重が1,198kgということですからその軽量さに驚きです。
どれだけカーボンファイバー使ってるんだという感じですよね。
予想価格は日本円で1億円を超えるということです…。


総生産台数は500台ですよ。
日本はセナ人気がいまだに健在ですから、人生をかけて購入する人もいそうですね。
気になるのは、地域割り当てがあることです。気になるのは日本向けに何台割り当てられているのかということですね。

 

usdm.shop-pro.jp