車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

軽自動車を安全性で選ぶポイント

TAG index

f:id:tkn2w:20180605131952j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

軽自動車は危険と思っている方も多いのではないでしょうか?
「走る棺桶」と揶揄されることもある軽自動車ですが、実際の事故率は普通自動車と何ら違いがありません。
死亡事故の件数なども同様で、軽自動車だから危ないというのは間違った認識でもあります。
しかし搭載された安全装備は車種次第ですので、以下のような装備に注目してみると良いでしょう。

まず安全装備として絶対に欠かせないのがエアバッグです。
現在は軽自動車でも大半の車種に搭載されていますが、更に安全性を高めるならサイドエアバッグやカーテンエアバッグも欲しいところです。
これらは横の衝撃を吸収してくれますので、事故による衝撃を和らげることができます。
特に車内が狭い軽自動車にとっては重要性の高い装備と言えるでしょう。

 

f:id:tkn2w:20180605131150j:plain

 

また、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)搭載の有無もチェックしておくと良いでしょう。
現行車種のほとんどは搭載されていますが、中古の軽自動車では未搭載の車種も少なくはありません。
特に中古を購入する時は確認が必要な安全装備と言えます。

なお、衝突被害軽減ブレーキは警告音を鳴らすものだったり、自動で減速・停止するものだったりと、メーカーにより規格は様々です。
性能自体も違いますので、気になる方は欲しい車種に搭載されたものを調べてみると良いでしょう。

 

一部の軽自動車には横滑りの防止装置も搭載されています。
特に路面凍結時に効果を発揮する安全装備で、自動でブレーキを掛けるなどによって、横滑りを軽減するのが特徴です。
必須とは言えませんが、冬場や路面凍結しやすい場所での走行時に重要な役割を果たします。
ただし、メーカーによって呼び方が異なっており、作動条件なども違いがあります。
重要性は高いですが、性能などに大きな差があるので気を付けましょう。

現在は普通車並に安全装備を搭載した車種も多く販売されています。
例えばホンダのN-BOXは、ホンダセンシングを搭載しており、歩行者や障害物をセンサーすると自動ブレーキが作動します。
衝突回避のためのステアリング機能や、サイドエアバッグも搭載されています。

 

しかし安全装備の充実具合は車種ごとの差が激しいため、中古の軽自動車を買う時は、特に気を付けなくてはいけないでしょう。
安全性を重視するなら、時間を掛けて車種を選ぶのもおすすめです。
最新車種のほうが安全装備も充実している場合が多いため、モデルチェンジを控えているならそれを狙うのも良いでしょう。

 

usdm.shop-pro.jp