車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

車の「一発免許」初心者にはオススメできない理由

TAG index

f:id:tkn2w:20180605130724j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

普通自動車運転免許の取得には、教習所を卒業して実技試験を免除してもらって学科試験だけを受ける方法と、俗に言われる「一発免許」と呼ばれる方法があります。
もっとも、この一発免許は初心者には到底おすすめできないのです。
それにはもっともな理由があります。

 

一発免許お得?


春休みや夏休みとなると学生が長期休暇に入るので、自動車教習所は免許取得を目指す人で大いに混み合います。
そのため、教習料金を高めに設定している教習所もあるのです。
自動車教習所はお金がかかります。
普免(普通自動車運転免許)の取得を目指した場合、AT限定か普通免許でも値段は違ってきますが、安くても20万円中くらいはかかるでしょう。
概ね30万円前後が現在の相場のようです。
寝泊まりしながら短期間集中で普免取得を目指す、「合宿免許」も比較的安価ですが、それでも宿泊費込みで20万円前後というのが相場です。

 

「一発免許」での取得ですが、これは各都道府県の公安委員会が管轄する「運転免許試験場」において、教習所を介さず直接「技能試験」と「学科試験」を受けるというものです。
一度で済むので一発免許というのですね。

道路交通法に定められた、指定自動車教習所は、その卒業認定で「技能試験」が免除されます。
一方で「学科試験」は運転免許試験場で受験しなくてはいけません。
ということは、運転免許試験場での技能試験を合格することができれば、高いお金を払って自動車教習所に通う必要はないということになります。
東京都の場合、普免の「一発免許」にかかる手数料は、受験料と試験車使用料、免許証交付料などあわせて5150円です(2017年2月現在で別途、取得時講習受講料が必要となります。また仮運転免許証が必要など受験に条件があります)。

この「一発免許」、かなりお得に見えるのですが、実はそうでもないのです。
というのも、まったくの初心者が「一発免許」で普免を取得するのは現実的ではありません。
それは、難しいからです。だからこそほとんどの人が高いお金を払ってでも教習所に通っているのです。

 

f:id:tkn2w:20180529101018j:plain

 

それでは、なぜ「一発免許」といった制度があるのでしょうか。
「一発免許」は、過去に車を運転した経験のある人で、改めて普免の交付を受ける際に受験するといったケースが想定されています。
たとえば、自宅敷地内のみで農作業のために長年軽トラックを運転していたといったような人です。
こういった人は、運転技術そのものに問題がない場合が多く、そういった人のために一発免許が用意されているということですね。
また、酒気帯びや免許の失効など様々な理由で、運転免許の取消処分を受けた人が改めて取得する場合なども想定していま。
敢えていうと、経験者のための「一発免許」という意味合いが強いので、まったくの初心者となると、かなり厳しい実技検定となり、10回20回受けてもパスしないという人もいるくらいですから、結果として教習所に行ったほうが安上がりということになるのですね。

 

usdm.shop-pro.jp