車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

車を下取りしてもらう利点と欠点

TAG index

f:id:tkn2w:20180530102238j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

車を売却する手段は買取が一般的ですが、もう一つの選択肢としては下取りがあります。
下取りは車を買い替え・乗り換え予定の方に適した方法の一つです。
ディーラーや車の販売店に現在乗っている車を売却し、新車の購入価格と相殺する手段になっています。
例えば新車の購入価格が200万円、車の下取り価格が60万円だった場合、これらを相殺して購入代金は140万円となります。

 

f:id:tkn2w:20180529101018j:plain

 

下取りは買い替え予定の方にメリットの多い方法です。
特に魅力なのがワンストップで済むことでしょう。

 

仮に車を買取業者へ売る場合、新車の購入と車の売却を別々の業者へ依頼しなくてはいけません。
単純に手間が二倍に増えてしまうのです。
この方法では、買取業者へ車の査定を依頼するのと並行して、ディーラーなどで新車の購入や予約を行うことになります。
もし買取と新車購入の時期がずれると、一時的に車が手元からなくなったり、保管場所の確保に苦労したりするでしょう。

また、買取や新車購入にはそれぞれ書類が必要です。
買取に必要な書類と、購入時の書類を別々に用意しなくてはいけないため、準備の手間も増えてしまうのです。

しかし、ディーラーなどに車を下取りしてもらえば、こうした負担が軽減されます。
販売店で車を売却し、かつ新車の購入もできますので、保管場所の確保などの問題も発生しません。
下取りは、新車の納車と同時に車を引き渡すため、代車を確保しなくて済む点もメリットと言えます。
同じお店で購入・売却が可能なため、書類も一度に準備できます。

 

車の乗り換えを考えている方にとって、下取りは魅力的な手段と言えるでしょう。
ただし、通常の買取とは違い、大きなデメリットが潜んでいます。
買取と比べ、下取りは安くなりがちなのです。

下取りされた車は、主に自社の店舗か系列店で再販しています。
しかし、これでは高値で再販できず、下取り価格を安くする要因になっているのです。
自社以外の車種を下取りした場合も同様で、ノウハウ不足から高値下取りを実現しづらい側面もあります。

一方の買取業者はカーオークションを利用しており、独自の販売網を構築していることも珍しくありません。
高値で売れるエリアを把握しているうえ、店舗を持たない業者も多く、コストを削減して買取価格に転嫁しているのです。

ただし、販売店も下取り強化中であれば高値で売れる可能性があります。
どちらがお得かは時期によりますので、下取り・買取それぞれで査定してもらうと良いでしょう。

 

usdm.shop-pro.jp