車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

車は13年目が買い替えのタイミング

TAG index

f:id:tkn2w:20180530101922j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

長年同じ車に乗り続けている方も多いのではないでしょうか?
新車を10年以上乗り続けることはよくある話です。
現在の国産車は頑丈にできていますので、10万キロ以上走行しても特に不具合がなかったり、10年以上無故障ということもあります。
しかし、新車登録から13年以上が過ぎたのであれば、買い替えも視野に入れたほうが良いでしょう。

 

新車登録より13年目は、車にとって一つの区切りとなります。
何故なら、登録から13年が過ぎてしまうと、自動車税と重量税などの税金が高くなってしまうのです。

現在は環境負荷のことを考え、燃費や環境性能に優れた車は各種税金の軽減措置が取られています。
しかし、ガソリン車に関しては措置に期限が設けられており、登録より13年が経過すると税金が引き上げられてしまうのです。
例えば自動車税の場合、4月1日時点で登録から13年が経過した車は、税金が15%ほど上乗せされます。
仮に1.5Lクラスの普通車に乗っている方は、年間3万5000円の自動車税が約4万円にまで跳ね上がります。

重量税に関しても同様で、減免措置がなくなるばかりか、車の重量に応じて数千円ほど高くなります。
重量税は車検の際に支払う税金ですが、負担が大きくなるので注意が必要です。

 

f:id:tkn2w:20180529101018j:plain

 

また、車は13年程度乗ると、新車の頃より燃費も悪くなります。
エンジン内部の部品の摩耗・消耗が進み、給排気の効率も下がることが原因です。
燃費改善のために、エンジンをオーバーホールする手段もありますが、費用が高いため気軽には行えないでしょう。

 

このような理由から、13年乗った車は買い替えを検討するべきでしょう。
ただし、13年間乗ると車も価値が下がっていますので、買取の際は高値で売れる業者を見つける必要があります。
もしディーラーへ下取りしてもらう場合、下取り価格をしっかり確認するか、下取り強化キャンペーンを活用しましょう。

なお、中古車に関しても新車登録から13年が経過していると、自動車税・重量税が割増となります。
仮に新車登録より6年経過した中古車を買った場合、7年後には重課の対象となり、税金が高くなるので注意しましょう。
あくまで登録から13年が目安のため、"中古車購入から13年"ではありません。

 

いずれにしても、車は13年目を迎えると税負担が大きくなります。
1年あたり数千円ですが、負担は決して小さくありませんし、車そのものの燃費も悪くなっているでしょう。
もし13年程度乗っている車があるなら、一度買い替え・売却を考えてみてはいかがでしょうか。

usdm.shop-pro.jp