車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

ローライダーにキャルルックそしてUSDM…今でも静かなブームとして生き残っているのです

TAG index

f:id:tkn2w:20180523131056j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】


クルマのカスタムも世につれ人につれていきます。
その時代にあった様々なカスタム文化が生まれてきました。
現在にも定着している定番カスタムから、なんとなく廃れてしまったものもあります。

西海岸がルーツのストリートから生まれたローライダーカスタム
これでもかというくらい車高を落としたアメ車を見たことがあるでしょう。
それがいわゆる「ローライダー」と呼ばれるカスタムの可能性が高いというかローラーだーそのものでしょう。
油圧式の車高調を搭載することによって、低い車高ながらある程度の実用性を確保しているのです。
ローライダーのルーツは1950年代の北米西海岸です。
もともとメキシコ系移民が始めたカスタムがローライダーとされています。
決して裕福でない当時の彼らにとって、安価な中古車(旧型のシボレー)を新車に負けないよう華やかにする…といった若者らしい流れの中で生まれたカスタムといわれているのです。

 

f:id:tkn2w:20180518110945j:plain



このスタイルは海を渡って、日本でも80年代後半くらいに根付いたとされています。
クルマのカスタムカルチャーなのですが、音楽やファッション、さらにはライフスタイルといったこれら統合的なカルチャーとも相関関係にあるのです。
そのバックボーンがあまりにも違う故に、日本で大ブームとまではいかなかったと考える人もいます。
実際には爆発的なブームではなかったのですが、ゆるりと下ブーム静かなブームといったところだったのです。
しかしながら、こうしたスタイルを愛する人々は現在も存在するのも事実です。
ローラーダーなどは、特にスタイリッシュなカスタムカルチャーと捉える事もできるでしょう。

 

聞き慣れないの「キャルルック」なんだけど
「キャルルック」カスタムはさらにマイナーですね。
聞き慣れない言葉かもしれませんが「CAL LOOK」、つまり「カルフォルニア風」といったニュアンスのカスタマイズです。
90年代に米国西海岸のカリフォルニアでちょっとしたブームになったカスタムスタイルなのです。
カリフォルニアの青い空というか米国でも西海岸は日本人の憧れですからね。
カリフォルニアのイメージカラーとなる、ブルーやオレンジなど、華やかな原色系のカラーリングを施してローダウンやチョップド仕様にしたカスタマイズがキャルルックなのです。
キャルルックもファッショナブルなカルチャーと言っていいでしょう。
ベースはVWビートルやVWバンなどで、絵になるものが多いといった印象です。
とはいっても、自分で乗るにはなかなか勇気がいるかも…というくらいキャルルックは派手なカスタムなのです。
日本車にもちょっとしたキャルルックテイストな車があるような気がします。
スズキのハスラーなんかがそんな感じですね。

 

usdm.shop-pro.jp