車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

各自動車メーカーの先進運転支援システム(いすゞ自動車編)

TAG index

f:id:tkn2w:20180425114418j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

いすゞ自動車は主にトラックやバスなどの商用車を製造する自動車メーカーで、ゼネラルモーターズの関連会社だったこともありますが2006年4月に資本関係を解消しています。
かつてはトヨタ自動車や日産自動車と並び日本自動車業界の御三家とも称されていましたが、1990年代から経営危機に陥りリストラを繰り返すようになりました。
2002年9月からは乗用車部門から撤退し大規模な人員削減などを行い、みずほ銀行やゼネラルモーターズの支援もあり現在では再建を成し遂げています。
今回はそんないすゞ自動車の先進運転支援システムについて、詳しく紹介していきたいと思います。

 

f:id:tkn2w:20180514142017j:plain

 

いすゞ自動車の先進運転支援システムは商用車に対応

 

トラックやバスなどの商用車を製造するいすゞ自動車の先進運転支援システムは、いすゞ独自の技術で自社で製造するトラックやバスなどの商用車に対応しています。
トラックやバスなどの商用車は乗用車とは異なり雨など天気が悪くても荷物を届ける責務があり、走行距離も稼働時間も乗用車を大幅に上回っています。
しかも万一でも事故を起こせば莫大な被害が発生する可能性があるため、絶対に事故を起こさない高度な予防安全が求められています。
そのためいすゞ自動車では先進視覚サポート技術「VAT(バット)」や、「Retarder(補助制動装置)」や「HSA(ヒル・スタート・エイド」などを早くから導入しています。

 

いすゞ自動車の先進視覚サポート技術「VAT」

 

VATとは「View・Assist・Technology)のことで搭載されたミリ波ウォーニングやミリ波クルーズなどのミリ波レーダーで車間距離を監視したり、運転集中度モニターでドライバーに運転中のステアリングのふらつきを警告することで認知・判断・操作をトータルにサポートし、危険を予測し事故を未然に防ぐ先進運転支援システムです。
このVATは従来のアクティブセーフティの概念をさらに進化させたシステムで、ミリ波レーダーなどの先進テクノロジーを駆使しドライバーの視覚を補完することでより高度な安全運行をサポートします。

 

まとめ

 

いすゞ自動車では日本国内で初めて4バッグエアサスペンションを採用するなど、トラックやバスなどのドライバーの疲労軽減や走行安定性の向上に貢献してきました。
さらにいすゞ自動車の貨物自動車に採用されているSmoother(スムーサー)はセミオートマに近く、自動的にクラッチ操作の制御を行う仕組みになっていてドライバーの負担を軽減します。

 

usdm.shop-pro.jp