車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

各自動車メーカーの先進運転支援システム(スズキ自動車編)

f:id:tkn2w:20180515101840j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

スズキは自動車では販売台数で国内で第3位で世界でも第10位で、バイクは販売台数では国内で第3位で世界では第8位で船外機の販売台数はホンダを抑えて世界第3位です。
創業者の鈴木道雄氏は120以上の特許ー実用新案を取得した発明者でもあり、戦前から自動車を作りたいという夢があり1955年から四輪の軽自動車開の発に乗り出しています。
スズキは軽自動車や小型車などに強みがあり軽自動車は1973年から2006年までの34年間、販売台数が日本一でマツダや日産や三菱自動車にOEM供給も行っています。
今回はそんなスズキ自動車の先進運転支援システムについて、詳しく紹介していきたいと思います。

 

f:id:tkn2w:20180514142017j:plain

 

スズキの先進運転支援システム「SUZUKI・Safety・Support(スズキ・セーフティ・サポート)」

スズキでは自動ブレーキなど経済産業省や国土交通省などが普及を推進する先進運転支援システムを導入している、自社の自動車の愛称を搭載する機能によって「サポカー」と「サポカーS」と区分けして呼んでいます。
例えばスズキの車線逸脱警報機能は自動車の走行中に左右の区画線を検知して、進路を予測して前方不注意などで車線をはみ出しそうになるとブザー音などの警報によってドライバーに注意を促します。
またふらつき警報機能は走行中に左右の区画線を検知して自車の走行パターンを計測するシステムで、車が蛇行するとシステムがふらつきと判断しブザー音などの警報によって車線逸脱警報機能と同様にドライバーに知らせます。


スズキの先進運転支援システムのハイビームアシストと標識認識機能と先行車発進お知らせ機能

 

ハイビームアシストとはヘッドランプをハイビームにして走行中に前方に対向車や先行車がいたり、明るい場所を走行すると自動でロービームになる先進運転支援システムです。
対向車や先行車がいなくなったり周囲が暗くなると自動でまたハイビームに戻り、標識認識機能とは走行中にもし進入禁止の標識を検知するとヘッドアップディスプレイに進入禁止マークが表示されドライバーに知らせます。
先行車発進お知らせ機能とは車を停車している時に、前のクルマが発進して約5m以上離れても停車しいる場合にブザー音や表示などでドライバーに先行車の発進を知らせる機能です。

 

まとめ

 

他にもスズキの自動車には全方位モニター用カメラが装着されている車種もあり別売の対応ナビゲーションを装着すれば、自動車の前後左右に設置された4つのカメラで真上から見たような映像を映し出します。

 

 

usdm.shop-pro.jp