車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

自動車保険料を下げるためのポイント

TAG index

f:id:tkn2w:20180417145855j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

車の保険は自賠責保険と自動車保険の2種類あります。
自賠責保険は強制加入の保険であり、保険未加入の場合や期限が切れていた場合は法律で罰せられます。
しかし、自動車保険は民間の保険で任意加入となっており、車購入時に同時加入する方が少なくありません。
ただ、保険料が高いと感じたり、負担が重かったりしていませんか?

自動車保険料は等級も影響しますが、保険会社と付帯する特約により変わります。
場合によっては1万円以上節約することも不可能ではありませんし、負担の軽減も難しくはありません。
もし保険料が高いと感じている方は、一度見直してみることをおすすめします。

何よりも重要なポイントが保険会社です。


自動車保険は非常に多くの保険会社が販売しており、補償やサービスの内容もバリエーション豊かです。
車を買う際に販売店で加入する方も少なくはありませんが、その保険会社が安いとは限りません。

多少面倒でも、自動車保険は複数の保険会社から見積もりを取ることが重要です。
なるべく5~6社は見積もりを取ったほうが良いでしょう。
自動車保険の一括見積りサービスを利用すれば、見積もりにかかる手間を省けます。
対人・対物無制限は欠かせないとしても、補償も含めてじっくり比較し、保険料が手頃な商品を選びましょう。

 

f:id:tkn2w:20180514142017j:plain

 

自動車保険の特約は非常に多く、細かなものも含めると数え切れないほど存在します。
弁護士特約や盗難補償、車両保険などバリエーション豊富で、自分にあった保険を設計できるのが魅力です。

しかし、本当に必要な特約のみを付帯している方は少なく、逆に不要な特約を付帯しているケースが多いのです。
例えば、50万円以下の激安価格で買った中古車へ車両保険を付帯しても、結局保険料のほうが高く付き、割に合わないと考えられるでしょう。
自動車保険は、ユーザーのニーズを満たそうと様々な特約を用意していますが、意外にも無駄なものが沢山あります。

 

こうした特約を一つ一つ見ると、年間保険料数百円で付帯できるものが大半を占めています。
ですが、沢山特約を付帯した場合、年間保険料が数千円~1万円以上も高くなることが多いのです。

当然ながら、特約は多いほうが安心感も大きく、もし事故を起こした際に手厚い補償を受けられます。
ただし保険料が高くなりますし、結局不要で終わる場合も珍しくはないでしょう。
本当に必要な特約は個々によりますが、自動車保険の満期が来たら一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

usdm.shop-pro.jp