車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

車を廃車にした時還付されるもの・されないもの

f:id:tkn2w:20180510144040j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

車を廃車にする際は様々な手続きが必要になります。
ほとんどの方は業者に任せるかと思いますが、永久抹消登録や自賠責保険の解約のほか、自動車税の手続きなども行わなくてはいけません。
少し時間がかかってしまいますが、還付金なども受け取れるため、もし自分で廃車する場合は手続き漏れがないようにしましょう。

 

f:id:tkn2w:20180510143727j:plain

 

車を廃車にした場合、支払った自動車税の一部を還付金として受け取ることが可能です。
自動車税は毎年5月頃に納付書が送られ、6月頃までに支払う必要があります。
仮に5月に支払い、7月に廃車手続きを行った場合、8月~翌年3月分の自動車税が還付対象となります。
還付金は1ヶ月単位で計算され、支払った月の翌月以降からが対象です。

ただし、未払いの自動車税がある場合は還付金を受け取れない可能性があります。
過去に支払った分も還付されず、あくまで今年度分だけが対象のため注意しましょう。

車は他にも自動車取得税や自動車重量税など様々な税金がありますが、自動車重量税が還付対象となっています。
自動車重量税は、廃車手続きを行った翌月から、車検の有効期限月までの期間が対象で、月割で返金が行われます。
仮に車検が1年半後の時に廃車した場合、1年5ヶ月分の自動車重量税が還付されます。
しかし、車検の有効期限が1ヶ月以上残っている場合のみ還付対象で、車検の有効期限が1ヶ月に満たない車や、車検切れの車は還付金を受け取れません。
還付までには2~3ヶ月程度時間がかかることにも注意しましょう。

廃車にした時は自賠責保険も返金されます。
自賠責保険は強制加入の保険ですが、廃車にすると月割で還付されるため、支払った保険料の一部が戻ってきます。
ただし有効期限が切れてしまっている場合は返金されません。

自賠責保険は車を買取業者へ売却した時にも還付金を受け取れます。
通常は買取金額に含まれていますので、気になる方は業者に内訳を聞いておきましょう。

なお、普通自動車と軽自動車では一部還付される税金が異なります。
例えば軽自動車税は還付対象外になっており、廃車にしても還付されません。
また、一時抹消と永久抹消による違いもあるため、事前に還付の有無を確認しておくと良いでしょう。

買取業者や廃車の代行業者へ手続きを依頼する場合、これらの還付手続きを気にする必要はありません。
還付金は後日指定の口座へ振り込まれるのが一般的ですが、業者に依頼した場合、最初に買取代金として還付金相当額を受け取ることもあります。
いずれにせよ、一部の税金などは還付される点を覚えておきましょう。

 

usdm.shop-pro.jp

usdm.shop-pro.jp