車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

ローンが残った車を売却するには

f:id:tkn2w:20171020145153j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

 

車をローンで購入する方も少なくはありません。
しかし、転勤で車が不要になったり、何らかの理由で乗り換えが必要になった時などは、今乗っている車を売却することになるかと思います。
通常なら問題なく買取・下取りしてもらえますが、もしローンの残債がある車を売却する際は注意が必要です。

 

f:id:tkn2w:20180510105623j:plain

 

ローンが残っている車も売却することは可能です。
まだローンを返済中の方も、買い替え・売却そのものは特に問題ないのです。
ただし、車検証に記載されている名義によっては、車を売却する前に手続きが必要になります。

車検証には、所有者と使用者の2つ名義欄があります。
この名義が両方共一緒であるか、所有者が家族名義である場合、自分や家族が車を売却することができます。
特に手続きは不要で、廃車手続きなどは買取業者などに任せてしまえば問題ありません。

しかし、車検証の所有者名義がディーラーや信販会社になっている場合、そのままでは売ることができないのです。
特にディーラーローンを組んで車を購入した方は、所有者名義が自分以外になっているかと思います。

ディーラーローンなどは、車を担保にしていることが理由で、所有者名義と使用者名義が異なるのです。
ただしローンを全て完済すれば、車検証の所有者も自分名義に変更されます。

もし所有者名義がディーラーなどになっている場合、所有者名義の変更手続きが必要になります。
所有権留保解除と呼ばれており、信販会社へ所定の書類を送付して手続きを行います。
ただ、これらの手続きはディーラーも代行してくれますので、相談してみるのが一番でしょう。

なお、銀行のマイカーローンは所有者・使用者ともに自分名義となるのが一般的で、ローンが残っていても売却に支障はありません。
仮に残高が100万円あったとしても、所有権留保解除の手続きをせずに買取・下取りしてもらえます。

ローンが残っている車は、所有者の名義によって売却までの手順が変わります。
特にディーラーでローンを組んだ方は、売却前に名義の確認をしておいたほうが良いでしょう。

しかし、所有権留保解除が認められる条件は、車の売却代金でローンを完済できることが前提です。
もし売却代金でもローンを完済できない時は、不足分を現金で返済するか、更に別のローン(残債整理ローンなど)を組む必要があります。

いずれにしても、ローンが残った車を売る時は所有者の名義が重要です。
査定後に慌てないよう、事前にチェックするとともに、買取業者やディーラーに相談してみましょう。

 

usdm.shop-pro.jp