車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

エンジンが動かない不動車はどう処分するべきか

f:id:tkn2w:20180510105145j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

現在の日本車はとても丈夫に作られており、余程のことがなければ故障することもありません。
しかし、日頃のメンテナンスを怠ってしまうと、エンジンが動かなくなってしまう可能性もあります。

エンジンが動かなくなった車は不動車と呼ばれ、車としての価値が低くなるので注意が必要です。
そのままでは乗ることができませんし、通常の買取業者にも売却が難しいため、扱いで困る場合も多いでしょう。

不動車は、修理してから再び乗るか売却、あるいは廃車にしてしまうのが一般的です。
ただし、いずれもデメリットが大きく、あまり良い選択肢とは言えません。

 

f:id:tkn2w:20180424002359j:plain

 

例えば不動車を修理する場合、修理代金が10万円を超えることもあります。
ほとんどの不動車はエンジンが故障しているため、エンジン修理が必要になるためです。
しかしエンジンの修理は費用が高く、状態によっては乗せ換えが必要になります。
修理代金が数十万円になる可能性も残されており、費用が高く付いてしまう点がネックでしょう。

また、修理後に車を売っても、修理代金を回収できるとは限りません。
トータルでは損をするリスクがありますので、修理して売る方法は最適ではないのです。

廃車にする場合も費用がかかることに注意しましょう。
修理代金ほどではありませんが、廃車費用は1万円~3万円程度必要です。
結局出費が発生することに違いはなく、手続完了までに時間もかかります。

不動車は扱いに困りますが、修理・廃車いずれも欠点があります。
しかし、不動車は専門の買取業者も多く、どのような状態でも買い取ってもらえます。
不動車は修理・廃車にせず、そのままの状態で売ることが望ましいでしょう。

不動車の専門買取業者へ売却すれば、数千円~数万円の価格で買い取ってくれます。
通常の買取業者とは違うため、数十万円で売れる可能性は非常に低いですが、修理してから売るよりも結果的にお得になります。
一般に不動車の修理代金は数十万円ですので、そのまま売却したほうが金銭的な負担も少なくて済むでしょう。

廃車手続きも業者が代行してくれるため、解体業者などへ車の解体を依頼せずに済みます。
売却後の不動車の扱いは業者任せとなり、こちらが何か手続きをする必要はありません。

ただ、年式の新しい車や走行距離が少ない車であれば、修理して再び乗るか、修理後売却したほうが得する場合もあります。
修理工場などから見積もりをもらい、修理代金を確認してから判断すると良いでしょう。

 

usdm.shop-pro.jp