車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

ハイブリッド車を買うメリットとデメリット.

TAG index

f:id:tkn2w:20180425112534j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

ガソリンと電気の力で走る車がハイブリッド車です。
燃費の良さが知られており、現在はほぼ全ての日本メーカーがハイブリッド車を投入しています。
モデルチェンジでハイブリッド仕様になる車種も多く、今ではポピュラーな選択肢とも言えるでしょう。

 

メリット

 

ハイブリッド車はメリットも多いですが、何より燃費の良さが最大の利点です。
一般的なガソリン車と比較してガソリン消費量が少なく、リッターあたりの燃費は平均1.5倍以上になります。
長期的に見ると燃費効率は重要な要素であり、長く使うほどガソリン代を節約できます。

減税対象になっている点も大きなメリットでしょう。
車は様々な税金が課税される乗り物ですが、自動車取得税や重量税などが一定額減税されます。
税金面ではかなり優遇されており、購入時に数万円も節税できる可能性があります。
自動車グリーン化税制度により、最大で4分の1にまで減税されるのはハイブリッド車ならではの強みです。

車そのものの価値が高い点もハイブリッド車のメリットと言えるでしょう。
現在は様々な車種が販売されていますが、中古車市場でもガソリン車と比べて人気が高いのです。
中古のハイブリッド車を求めるユーザーも多く、ニーズの高さから高値買取が期待できます。
もちろん車種にもよりますが、価値が落ちにくく、かつ値崩れしづらいため、年式落ちした場合でも高く売却できます。

ハイブリッド車はこのようなメリットを持っています。

 

f:id:tkn2w:20180424002359j:plain

 

デメリット


しかし、その一方でデメリットも多いため、人によってはガソリン車のほうが適しているでしょう。

特にネックとなるのは本体価格です。
ハイブリッド車はリセールバリューが高い反面、販売価格も高めになっています。
減税のメリットは大きいのですが、結局販売価格がそれを帳消しにしている側面もあるのです。
300万円を超える新車も珍しくありませんので、予算と相談して決める必要があります。

また、ハイブリッド車は特別なシステムを搭載しています。
このシステムが壊れると当然ながら走行できませんが、ガソリン車よりも複雑になっており、故障した時の修理代が少々高めなのです。
交換・修理費用が数十万円を超す場合もあるため、特に中古のハイブリッド車を買う時は注意が必要でしょう。

 

まとめ

 

ハイブリッド車は燃費がよく、節税効果は大きいのが強みです。
その反面本体価格は高く、修理費用も負担が大きいデメリットがあります。
短期間の利用を想定しているなら、通常のガソリン車が適しているでしょう。
逆に10年程度乗るのであれば、長期的に費用を節約できるハイブリッド車も一考の余地があります。

 

usdm.shop-pro.jp