車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

車の購入維持で必要になる税金3つ

TAG index

f:id:tkn2w:20180420135922j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

車はお金のかかる乗り物と言われています。
購入費用はもちろんながら、その後も年間10万円前後の維持費が発生するためです。
これらの費用の中で、特にウェイトを占めているものが各種税金であり、人によっては悩みの種にもなります。

 

車を購入したり維持したりするために必要な税金は3種類ほどあります。


新車や一部の中古車を購入する場合、購入時に課税されるものが自動車取得税です。

自動車取得税は、本体価格(取得価格)が50万円以上の車を購入する時に課税される税金です。
課税ラインの関係上、新車なら全てが対象となるのため、新車のみ発生する税金と考えている方も多いでしょう。
しかし、実際は中古車も対象になっており、決して新車だけではないことに注意が必要です。

自動車取得税は、普通車が取得価格の5%、軽自動車は3%と設定されています。
中古車に関しては、上記の倍率へ更に残価率を掛け合わせ、新車登録からの年数に応じて変動します。
中古車の場合、年式が古い車は税金が発生しない場合もあります。

車を購入後、毎年課税される税金が自動車税です。
自動車取得税は購入時に一度払えば以後課税されませんが、自動車税は毎年支払う必要があります。
ただし、4月1日時点での所有者が対象のため、それより前に車を売ったり廃車にすれば課税されません。

 

自動車税は普通車と軽自動車とで税額が異なります。


軽自動車は一律になっていますが、普通自動車は排気量により細かく区分されているので注意が必要です。

軽自動車は維持費が安いと言われる理由の一つに、この自動車税が影響しているとも言えるでしょう。
税額が年間1万円前後になっており、一方の普通車は毎年3万円~6万円程度の税金を支払う必要があります。
単に維持費を下げたいだけなら、軽自動車のほうが幾分優れています。

そして車検の都度支払う税金が重量税です。
2年に1回ペースで良いものの、税額は重量によって決まるため、重い車ほど税金が高くなります。
また、新車登録からの年数も関係しており、古い車は税金が高くなるため注意が必要です。

購入時とそれ以降の税金を考慮すると、手放すまでに数十万円の税金が発生する可能性もあります。
しかし、現在はエコカー減税もあり、幾分税負担を和らげることができます。

もし支払う税額が気になる時は、購入時にシミュレーションしてみると良いでしょう。
販売店で相談したり、逆に本体価格の割引を交渉して費用節約をするのもおすすめです。
少しでも負担を減らし、快適なカーライフを楽しみましょう。

 

usdm.shop-pro.jp