車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

各自動車メーカーの先進運転支援システム(日産自動車編)

TAG index

f:id:tkn2w:20180420135434j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】


先進運転支援システムとはADAS(Advanced・driver・assistance・systems)のことで、自動車を運転するドライバーの運転操作を支援する安全システムのことです。先進運転支援システムにもさまざまな機能がありますが、インターネットの発達で携帯電話やWi-Fiネットワークなどからより機能が増えています。先進運転支援システムにもいろいろありますが具体的には自動ブレーキ制御や自動クルーズ制御など衝突や事故を回避する機能や、ヘッドライトの自動制御機能や車載されているレーダーの種類も自動車メーカーによっても異なります。そこで今回は日産自動車の先進運転支援システムについて、詳しく紹介していきたいと思います。

 

日産自動車の先進運転支援システムの取り組み

 

日産自動車ではどれほど注意深く運転していても、必ず生じると言われている死角をなくすことです。人間の視野の角度は約180度と言われていますが、日産自動車が目指す先進運転支援システムはドライバーの見えないところで起こり得るリスクをいち早く察知し、ドライバーにそのリスクを知らせもし間に合わない場合でも先進運転支援システムが機能して未然に事故を防ぐというものです。 日産自動車の全方位運転支援システムは前方だけでなく側方や斜め後方や、後方まで全方位の人間の視野が届かない360度に及びます。

 

日産リーフに車載されている先進技術「e-Pedal」

 

2010年に日産自動車から発売されている日産リーフは5ドアのハッチバック型の電気自動車で、「e-Pedal」・「プロパイロット」・「プロパイロット パーキング」などの
先進運転支援システムが採用されています。「e-Pedal」は発進から加減速や停止までアクセルペダルの操作だけで、車の速度調節ができる先進運転支援システムのことです。例えば渋滞や信号でアクセルペダルとブレーキペダルを交互に使う場合や、坂道での減速や停止や前走車との車間距離調整なども「e-Pedal」が自分で判断して行ってくれます。

 

日産自動車の自動運転技術「プロパイロット」

 

日産自動車の「プロパイロット」は単調な高速道路でのドライビングの時に運転手に代わって、アクセル・ブレーキ・ステアリングを自動で制御する先進運転支援システムのことです。「プロパイロット」は前方を走る自動車をモニターしてアクセルや、ブレーキを自動で制御して車間距離をキープします。さらに高速道路の車線をモニターして、自動車が車線の中央を保つ役割を果たします。直線道路だけでなくカーブでも自動運転技術「プロパイロット」が、走行車線の中央を走行するように自動車を自動でコントロールします。

 

まとめ

 

日産自動車のリーフに車載されている先進運転支援システム「プロパイロットパーキング」は、並列駐車や車庫入れなど苦手な方でも3ステップの操作だけで簡単に駐車ができる自動制御技術です。

 

usdm.shop-pro.jp