車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

ユーザー車検とは?

f:id:tkn2w:20180420135150j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

車検と言うと、ほとんどの方はディーラー車検か民間車検を思い浮かべるでしょう。
これらの車検は全て業者に点検整備を任せられますが、車検費用が高くなることも多いのが欠点です。
一般的な車検費用は、法定費用と点検整備費用の2つに分かれており、このうち業者ごとに異なるのが点検整備費用です。

法定費用は一定ですが、点検整備費用は業者によって4万円~5万円、あるいはそれ以上の費用がかかります。
更に高く付く場合もありますが、もし点検整備費用を支払いたくない方はユーザー車検を考えてみてはいかがでしょうか。

 

ユーザー車検とは、車のオーナー自らが行う車検のこと

 

陸運局などにある検査場で行います。
車検を受けたい車を検査場へと持っていき、係員の指示に従って車検を受け、必要に応じてその場で調整・整備を行い、全項目に合格すれば車検証が発行されます。
通常は業者が行っている点検整備を、ユーザーが自ら実施する点がユーザー車検の特徴です。

その特性上、ユーザー車検は費用面に大きなメリットがあります。
ユーザー車検を受けるには所定の費用が必要ですが、印紙代や自賠責保険料、重量税などの法定費用のみで済むため、車検代を抑えることが可能です。
法定費用以外に出費が生じることはありません。

通常の車検は、業者に点検整備費用を支払う必要があります。
特にディーラー車検は点検整備費用が割高で、これが車検代を増やす一因になっています。
しかし、ユーザー車検は点検整備費用が必要ありません。
法定費用のみで車検が通せるため、自家用車であれば費用は3万円~5万円程度に抑えられます。

一方、ユーザー車検は自分で各種点検整備をする必要があり、もし検査に不合格だった時は再度やり直しとなります。
点検や整備を行ったことがない方、知識がない方は何度も不合格となり、車検に通らない可能性もあることが最大のデメリットです。
何度も不合格になると、検査が全て終わるまでに半日程度かかる場合も珍しくありません。
もしユーザー車検を受ける時は、時間には余裕を持って挑みましょう。

また、何らかの改造を行っている場合、特に車検を通しづらいことに注意が必要です。
場合によっては部品の取り替えが必要になり、再度出直す羽目になるリスクもあります。

 

まとめ

 

費用の安さがユーザー車検の利点ですが、デメリットも少なくはありません。
点検や整備の知識がない方や、面倒に感じる方は、通常のディーラーか民間車検を使いましょう。

 

usdm.shop-pro.jp