車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

車買取業者のトラブル事例と対処法

TAG index

 

f:id:tkn2w:20180417145233j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

もう乗る予定がない愛車は業者に買い取ってもらうのが一番です。
新車の頭金にすることもできますが、買取業者とトラブルになる可能性も否定はできません。
悪質な業者に買い取ってもらう際は、トラブル各種への対処も必要になるでしょう。

特に多いトラブルは買取代金に関するものです。
車買取では、まず業者から買取上限金額の見積もりを取り、その後実車の査定を行って買取金額が決まります。
しかし、最初の見積もりと実際の査定の金額が大きく異なったり、支払われる代金が異なったりするケースが多いのです。
例えば買取代金を勝手に減額されるトラブルや、最初の見積もりと実車査定の金額が数十万も異なるトラブルなどです。

 

信頼できる業者を選ぶことが重要

 

このような代金を巡るトラブルはポピュラーですが、信頼できる業者を選ぶことが重要でしょう。
業者の評判を調べ、問題ないと思った場合にのみ買取や査定を依頼することをおすすめします。
また、納得いかなければ買取を断るのも良いでしょう。
契約書にサインしない限りは断れますので、他社で査定を受けることも検討しましょう。

車の買取は、契約後のキャンセルが可能な場合もあります。
もし契約後に売りたくないと思ったら、キャンセルも考えたほうが良いでしょう。
ただし、キャンセル時に高額な解約料・キャンセル料を請求されるトラブルも相次いでいます。
特に売却代金より解約料が高い場合や、数万円も請求される事例が多く、車買取における注意すべきトラブルとも言えます。

解約料のトラブルへの対処法は、契約書へサインする前に必ず目を通すことです。
クーリングオフできるとはいえ、契約書を読んでいなければトラブルになるリスクがあります。
キャンセル・解約に関する規定をしっかり確認し、不利な条件が書かれていないか見ておきましょう。

 

強引な買取や売却を強要されるトラブルもあります


このようなトラブルは意外に多く、売る気がなくても手放してしまい、後悔することが珍しくはありません。
すでに売ってしまったからと、クーリングオフできないと考えてしまう方も中にはいます。

強引な買取などには毅然とした態度で挑むことが重要です。
もしメールや電話での見積もり段階であれば、すでに他社で売ったと嘘を付くのも良いでしょう。
そうすることで、その業者からの連絡はいっさい無くなります。

悪質な車買取業者は少なからず潜んでいます。
トラブルになって問題が長期化するリスクもありますので、絶対に悪質業者は使わないようにしましょう。

 

usdm.shop-pro.jp