車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

2種類ある車の抹消登録の違い

TAG index

f:id:tkn2w:20180416092832j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

車を廃車にする時は抹消登録と呼ばれる手続きが必要です。
抹消登録には、一時抹消登録と永久抹消登録の2種類があり、それぞれ税金の取り扱いや書類上の車の状態などが変わります。
もし自分で廃車手続きをする場合、用途に合わせて選ぶ必要があるでしょう。

一時抹消登録は、車のナンバー登録を一時的に抹消する方法を指します。
ナンバープレートを運輸局に返還することで登録が一時的に抹消され、翌年度以降の自動車税の課税対象から外れます。
あくまで一時的にナンバーの登録を取り消す方法のため、車を残しておきたい場合に有効な手段です。

一時抹消登録ではナンバーが無くなることから公道を走行できません。
車検が残っている状態でも、一時抹消登録をしてしまうと公道走行は不可能になります。
ただし車両は残ることから、例えば長期の海外赴任や、何らかの事情で車に乗らなくなる場合、一時抹消登録が選択肢に入ります。

なお、一時抹消登録後に再度車の新規登録を行えば、再びその車で公道を走行できるようになります。
しかし、車検や自賠責保険の有効期限が切れていると違法となりますので、必ず車検を通しておきましょう。

一方の永久抹消登録は、車両を解体処分して永久に車の登録を消去する廃車手続きです。
業者による一般的な廃車手続きは、永久抹消登録を指しており、車が不要になった時や、事故などで処分したい時に行います。

永久抹消登録は、車そのものを解体するため、以後は二度とその車に乗ることはできません。
運輸局のデータベースからも削除され、ナンバーや車両番号の登録も不可能になります。

また、永久抹消登録は車両の解体とその証明書が必要であり、解体後でなければ手続きできません。
まず解体業者へ車の解体を依頼し、証明書を発行してもらってから手続きすることになるでしょう。

永久抹消登録を行うと自動車税の課税対象からも外れ、一部の税金が還付されます。
この点は一時抹消登録と同じですが、重量税還付の有無が異なるため注意が必要です。

2種類ある抹消登録は、それぞれ目的が異なります。
もし今後再び車に乗るようであれば、自ずと一時抹消登録を選ぶことになるでしょう。
ただし保管場所が必要なため、駐車場を借りている方は料金に気を付けましょう。

一方で、もう車に乗る予定がない方なら永久抹消登録を選ぶ必要があります。
様々な還付金を受け取れますが、手続きまでに時間がかかる点と、解体費用が1~2万円必要な点に注意しましょう。

 

usdm.shop-pro.jp