車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

各自動車メーカーのEV(テスラモーターズ編)

TAG index

f:id:tkn2w:20180227145517j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

テスラモーターズは本社がアメリカのカリフォルニアのパロアルトにある、会社の設立が2003年とまだ若いベンチャー企業です。
シリコンバレーを拠点にしてバッテリー式電気自動車の開発から製造および販売までしている自動車メーカーで、2008年にスポーツカー仕様の電気自動車「Roadster(ロードスター)」を発売しました。
テスラモーターズ電気自動車「Roadster」は販売価格が9万8000ドルで、1ドル113円で換算すると約1100万円と高値にもかかわらず3週間足らずで完売しました。
テスラモーターズが電気自動車を大きく変えた、と言っても過言ではありません。

 

航続距離約613kmのテスラモーターズのモデルS

 

モデルSはテスラモーターズの電気自動車「Roadster」に続く2番目の電気自動車で、ボディタイプは4ドアセダンですがリアに大型のテールゲートがあり厳密には5ドアハッチバックになります。
2009年3月に発表されモデルSの発表会には当時のカリフォルニア州知事だった、アーノルド・シュワルツェネッガーも出席しています。
モデルSは60D・75D・90D・P90D・P100Dのタイプがあり、アクセルを踏みわずか2.7秒で時速100kmまで加速することができます。
燃費もトヨタのプリウスの約2倍で、500円程度の電気代で約370kmも走行が可能です。

 

テスラモーターズのモデルX

 

テスラモーターズのモデルXは2012年に発表されたクロスオーバーSUVタイプの電気自動車で、7人乗りで全長が5mを超え収納スペースが広く確保されています。
モデルXは大型のSUVであるにもかかわらずルーディクラスと呼ばれる加速モードが採用されていて、アクセルを踏みわずか2.9秒で時速96kmまで加速することができ最高速度は時速250kmです。
またモデルSと同じシャシーが使用されていて低重心化にも成功していて、全モデルでAWD方式の駆動方式が導入され前後にモーターがありホイールを駆動させます。

 

まとめ

 

2017年1月には新たなバッテリーを搭載した新グレード「100D」がテスラモーターズからモデルXに追加販売され、航続距離は506kmから539kmへと伸び販売価格も約25%程度これまでより引き下げられました。
モデルXは2016年9月12日にテスラモータースジャパンが日本で初公開しましたが、モデルXにはSUVには珍しい後部座席のドアが上に開くファルコンウィングドアが採用されています。

 

usdm.shop-pro.jp