車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

2017年度販売台数順の自動車ランキング(5位から6位)

f:id:tkn2w:20180125145947j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

2017年度販売台数順の自動車ランキングを見ると1位がトヨタのプリウスで2位が日産のノートで、3位がトヨタのCH-Rで4位がトヨタのアクアと上位4位までになんとトヨタの自動車が3台もランクインしています。
トヨタ自動車は1933年に豊田自動織機製作所に作られた自動車部が始まりで、2008年にはリーマン・ショックで販売台数が落ち込みますがGMを抜きトヨタ自動車が自動車メーカーとして販売台数世界一になりました。
トヨタの自動車はなぜ売れるのかですが、先ずはトヨタというブランドの存在が大きく安心感があります。
それにトヨタの自動車は手が届く大衆車から高級車まで。種類がとても多いことも人気の一つかもしれません。
今回は2017年の1月から6月の半年間に販売された、自動車ランキングの5位から6位をご紹介していきます。

 

ランキング5位はホンダのフリード

 

フリードはホンダが2008年に発売したミニバン型の小型乗用車でプラットフォームは2代目フィットをベースにしていて、6人乗りと7人乗りの3列シート仕様と5人乗りの2列シート仕様があります。
3列シート仕様は3代目ステップワゴンのシートが改良されていて2人掛けから3人掛けに拡大され、格納も左右はね上げ式になり軽量化され格納も容易にできるように工夫されています。
2代目フリードは2016年に発売されガソリン車とハイブリッド車がありますが、ハイブリッド車には1モーター内蔵7速デュアルクラッチトランスミッションを採用した「SPORT HYBRID i-DCD」が搭載され燃費も大きく向上しています。
またホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」が、グレードによっては標準装備され安全面も強化されました。

 

ランキング6位は日産のセレナ


セレナは1991年に日産から発売されたミニバンで助手席の下にエンジンが搭載されたキャブオーバー構造が採用され、トヨタのエスティマと同様にミニバンに走りの良さを備えた最初のミニバンと言われています。
その後2代目セレナC24型が1999年に発売され、3代目セレナC25型が2005年に発売され4代目セレナC26型が2010年に発売され5代目セレナC27型が2016年に発売されました。
フルモデルチェンジされた5代目セレナC27型には世界初のハンズフリーオートスライドドアが採用されスライドドアの下をキックするだけでドアが自動開閉し、さらに運転操作支援システム「プロパイロット」が新たに搭載されています。

 

まとめ

 

ホンダのフリードの新車販売価格は188.0万円~274.8万円で、日産のセレナの新車販売価格は243.5万円~372.8万円です。

 

usdm.shop-pro.jp