車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

ノーズブラやUSレンズなど…日本車をわざわざUS仕様にカスタムするUSDM

TAG index

f:id:tkn2w:20180114083047j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

ノーズブラやUSレンズなど…日本車をわざわざUS仕様にカスタムするUSDM


USDMとは、United States domestic market(合衆国国内市場)の略です。
この場合の合衆国とはアメリカ合衆国のjことで、つまり車ならアメリカ市場で販売されているものを指します。
ただしカスタムの場合は、単純にアメリカから車を輸入して…というわけではないのです。
そもそも、なぜアメリカ仕様なるものが存在するかと言えば、保安基準や道路交通法など各種法規や、安全基準、それにデザインの好みまでアメリカと日本では異なります。
そのため、日本車でもアメリカで販売する場合はアメリカ市場に合わせた仕様となります。
そうなると、日本とは若干異なることがありますし、法規上問題がある場合はデザインからして大きく変わっていることもあります。
例えば、かつてアメリカではヘッドライトの形や高さの制約が日本と異なったため、それをクリアするためリトラクブルヘッドライトを採用した車種がありました。
日産 180SXなどはそのように生まれたS13シルビアのアメリカ仕様でした。
またトヨタのAE86は、カローラレビンが販売できなかったのでリトラクタブルのスプリンタートレノをカローラGT-Sとして販売していたのです。
AE86の例でわかるように車名すら変わる場合もあります。
そうしたすべてをひっくるめてアメリカ仕様にするカスタムがUSDMなのです。

 

アコード ワゴン アメリカ仕様


USDMの源流には、「キャルルック(カリフォルニアルック)」や「スポコン(スポーツコンパクトカスタム)」など、アメリカで流行っている、あるいは流行っているだろうチューニングやドレスアップがあります。
明るくおおらかなアメリカのイメージを日本でも味わいたいということで、性能一辺倒ではなく「アメリカではこうなんだ」というカスタムが、80年代から90年代にかけてかなり流行りました。
当然そうなるとアメリカでしか生産、または販売していない日本車を輸入/ 逆輸入してくれば、ベース車としては最適です。
そこで人気が出たのが、アメリカ仕様のアコードワゴンであるアコードUSワゴンです。

 

アメリカンノーマル仕様へと変化


2000年代に入ると、キャルルックやスポコンといったカスタムは日本独自のものとなります。
気がつけばアメリカ風とは大きくかけ離れてしまったのです。
そんな反動を受けて、内外装の部品をアメリカ仕様に交換する等の『アメリカンノーマル』というカスタムが台頭してきたのです。
エンブレムやバンパーなどはもとより、ウインカーなど灯火のレンズ類、メッキパーツなどもアメリカから輸入した純正部品を用いてアメリカ仕様に変更します。
アメリカで使われることの多い、飛び石や虫対策のノーズブラをつけることもあるのです。
もちろん、ブレーキランプとリアウィンカーが兼用です。
ブレーキランプ同色リアウィンカーなどは日本の法規ではNGなので、どうしてもそれを再現したい場合はスイッチで切り替え、イベント会場でのみアメリカ仕様にするのです。

usdm.shop-pro.jp