車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

もし自分の車がリコールになったらどうすればいいのか?

f:id:tkn2w:20171114222059j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

リコールとは道路運送車両法第63条の3に基づき自動車やバイクに、設計や製造段階で何らかの問題が生じた場合に自動車メーカーや輸入業者などが国土交通大臣にそのことを届け出て自動車やバイクを無料で修理をする制度のことです。最近では日産自動車が2017年10月6日に検査員の資格を持たない社員が車の完成検査を行っていたことが発覚し、日産自動車の38車種の約116万台のリコールが国土交通省に報告されました。特に近年ではOEMと呼ばれる
他の自動車メーカーの車を製造することが増えているため、何らかの不都合が発覚すると多い場合には100万台以上がリコール対象になることもあります。

 

リコールだけでない自動車メーカーが無料で修理するケース

 

実はリコールだけでな自動車メーカーが、無料で車を修理するケースがいくつかあります。その一つが改善対策と呼ばれるものでリコールのように道路運送車両法第63条の3に触れるような基準不適合状態ではなくても、安全上や公害防止上で不都合があると判断した場合にリコールと同様に自動車メーカーが国土交通省にその不都合を届け出て無料で修理してくれます。もう一つがサービスキャンペーンと呼ばれるもので国土交通省の通達に基づく制度で、リコールや改善対策に該当しない場合でも自動車メーカーが自主的に商品性や品質の改善を無料で行うものです。

 

もし自分の車がリコール対象車の場合はどうすればいいの?

 

一般的にテレビのニュースや新聞の報道で自分の車がリコール対象車であることを知るのが普通で、その後に車を購入した自動車メーカーやディーラーなどの販売業者からリコール対象車であることを知らせる通知が届きます。リコール対象車であることの通知が届くと、リコールの内容やメーカーで無料で車を修理することなどが記載されています。ただ引っ越しなどの何らかの理由が原因で、リコールの通知が届かないことがあります。そのような場合には自分の車がリコール対象車かどうかを、自動車メーカーのホームページで調べることができます。

 

まとめ

 

自分の車がリコール対象車であることを調べるには自動車メーカーのホームページで調べる以外にも、1993年以降のリコール情報であれば国土交通省の「リコール・不具合情報検索システム」で調べたり国土交通省の自動車不具合ホットラインに電話でお問い合わせもできます。自分の車の年式や車種などを担当者に伝えるだけで、リコールかどうかを調べくれるので便利です。

 

usdm.shop-pro.jp