車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

ガソリンの消費を抑えるにはどうすればいいのか

f:id:tkn2w:20171101214628j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

最近の車は燃費がいい車が増えていますが、それでも運転の仕方次第で車の燃費もずいぶんと違ってきます。
通勤に車を使ったり遠出することが多い人の場合は、運転方法をちょっと工夫するだけで余分なガソリンの消費を抑えることができのです。
燃費計が付いている車の場合にはガソリンの燃費がリアルタイムで表示されますが、燃費計が付いてない場合にはどうすればガソリンの燃費を計算かなどお得な情報をお届けいたします。

 

どんな時に車は無駄なガソリンを消費しているのか知っておこう

 

皆さんは車を購入する時に燃費がいいかどうかを購入する判断基準にしているはずですが、その割には車のガソリンが消費するのがどんな時か知らない人が多いようです。
車は普段から大量のガソリンが消費されるわけではなく一定の速度で走行していたり、信号待ちをしている場合などには車はガソリンをほとんど消費していません。
ではどんな場合に車がガソリンを大量に消費するかと言えば坂道を上っている時や、車のエンジンをいったん止めてエンジンが冷えた頃にまた走り出す時や、前方を走っている車を追い越す時や高速道路で時速100キロ以上で走っている場合などです。
特に車のアクセルを踏みこんで加速する場合には、大量のガソリンを消費しています。

 

ガソリンの消費を抑えるドライビングテクニック

 

どんなに燃費がいい車でも運転の仕方によっても、ガソリンの消費量は大きく違ってきます。
運転の仕方を気を付けるだけで、燃費が20%以上も向上するとも言われています。
では実際にはどうような運転の仕方をすればいいのかですが基本的には信号待ちの時でも、発進する際にアクセルを強く踏み込まずにゆっくりと車をスタートさせることです。
また無理な追い越しなどもしないほうがよく、急加速や急ブレーキを行わない安全運転を心掛けることです。
また長時間の停車をする場合にはエンジンを切ったり、無駄なアイドリングなどは避けたほうが良いです。

 

まとめ

 

これらの他にもカーナビで渋滞情報を調べて渋滞している道路を避けたり、同乗者が多かったり重い荷物をたくさん積んでいるとガソリンを多く消費します。
また車間距離を十分に取ることで急ブレーキも少なくなり、ガソリンを消費だけでなく事故も防ぐことができます。
それと最近の自動車はエンジンブレーキを使っている時はガソリンの供給がストップする仕組みになっているので、できるだけエンジンブレーキを使ってで走行すればガソリンを節約することができます。

 

usdm.shop-pro.jp