車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

事故車や修復歴車を見抜くには

TAG index

f:id:tkn2w:20171101212910j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

自動車を購入する場合にお金に余裕があれば好きな新車を買えますが、もしお金に余裕がなければ中古車を購入することになります。
中古車を購入する際のチェックポイントも走行距離や価格などいくつかありますが、事故車や修復歴車を見抜くことも中古車を購入する際の大事なチェックポイントです。
昔はメーター戻しと呼ばれる走行距離メーターを巻き戻して走行距離が少ない中古車に偽装したり、ニコイチと呼ばれる事故車を他の自動車と合体させるなど信じられない中古車が売られていました。
さすがに今ではこのような車を中古車販売店で見かけることはなくなりましたが、それでも事故車や修復歴車を客に売りつける、悪徳業者は今だに存在します。
そこで今回は事故車や修復歴車を見抜くには、どうしたらいいのかについて詳しく説明していきます。

 

事故車や修復歴車の違って何?

 

まず事故車とは文字通り事故を起こしたり事故に遭った車のことですが、他の車との衝突や人を撥ねなくても電柱にぶつかっても物損事故になります。
つまり事故車とは相手がいなくても自分の過失で、電柱に衝突しても事故車になります。
もし自損の場合でも車両保険に加入していれば車の修理代は保険が出ますが、その場合は事故証明が必要になるため相手がいなくても事故扱いになります。
次に修復歴車とはフレーム・クロスメンバー・インサイドパネル・ピラー・ダッシュパネルや、ルーフパネル・フロア・トランクフロア・ラジエータコアサポートなど骨格部位を修正している車は修復歴車とみなされます。
つまり事故車イコール修復歴車というわけではなく、修復歴車というのはあくまで車の骨格部位を交換したり修復した車のことです。

 

では事故車や修復歴車を見抜くにはどうしたらいいのか?

 

修復歴車の定義に関しては自動車公正取引協議会・日本自動車検査協会・日本中古車自動車販売商工組合連合会で骨格部位を交換したり、修復した車のことと基準を決めていて客に修復歴車であることを通知する義務があります。
しかし事故車については中古車販売店もオートオークションや、客に事故車であることを通知する義務がありません。
つまり中古車販売業者は修復歴車のことを事故車と言い、駐車場でブロックにぶつかっても業者は事故車と言わないのです。
事故車や修復歴車を見抜くには車の左右を見比べたり、フレームの形が変形していないかをチェックしたりすることで見抜くことができます。

 

まとめ

 

ただ車に関して実際には素人が外見だけ見て事故車や修復歴車を見抜くのは困難で、カーディーラーなどのような信頼できる中古車販売店から購入されることをお勧めします。

 

usdm.shop-pro.jp