車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

USDMとは何なのか?日本車なのになぜUSなのか?

f:id:tkn2w:20171021143908j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

USDMとは"United States Domestic Market"つまりアメリカ国内市場のことを指します。


しかしここでいうUSDMというのは、車の北米仕様のことを指しているのです。
現在アメリカでは実にたくさんの日本車が販売されています。
しかし、日本で販売されている車と全く同じではありません。
例えばアメリカの道路は右側通行です。
そのため、ハンドルは日本とは反対の左側に付いています(日本と同じ右側ハンドルでは売れないためです。)
その他にもアメリカには日本とは異なる法規制があるので、バンパーやライトなどのパーツが日本版とは異なっていることがほとんどなのです。
また、日本とは異なる車名となっていたり、アキュラやレクサスなど日本にはないブランド(レクサスは今では逆輸入されて日本でも展開されています)から販売されることもあります。
USDMというカスタマイズの世界では、日本で販売されている(一般的にダサい)日本車のパーツを北米仕様に交換し、格好よくモディファイすることを主に言っています。

 

USDMという趣味は元々スポコンブームなどの陰に隠れていて、マニアックな趣味として行われていました。
しかし、近年のヘラフラッシュブームなどと同時に大きな注目を集めているのです。

 

なぜ日本車をわざわざ北米仕様にコンバートするのでしょうか


北米仕様は一見して日本仕様との違いは分かりづらいです。
その理由は「今でもアメリカは格好いいから!」という理由に尽きると言ってもいいでしょう。

同じホンダ車でもアメリカ人が乗っていると何故か格好よく見えます。
それを「白人様がやると何でも格好よく見えるから」と思考停止せずに、「どうしてアメリカの日本車は格好いいのか」を分析して追及するのがUSDMなのです。
実際のところ、この手の日本車カスタムをやっている層は日系などのアジア系アメリカ人が多く、顔付きの差は格好よさとは関係ないと言えます。

USDMマガジンでは実際にアメリカに赴いて取材してきたハイレベルなマシンの写真が多数掲載されています。
そのどれもこれもがリアルなアメリカの格好いい風景となっているのです。

トヨタbBは向こうではサイオンXBの名前で販売されています。
アメリカでは反対に、日本車を日本仕様にするJDMというのが流行っていて日本のスタイルもリスペクトされているのです。
それでもアメリカ人がやると格好よくなります。そのセンスには敵いませんね。
ここでUSDMを紹介したのは、格好いい車のヒントがたくさん隠れているからです。
シンプルメイクが主流となっている現在において、派手なパーツで誤魔化さない車の格好よさの本質が露わになっていると言えるでしょう。

usdm.shop-pro.jp