車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

メーカー別に軽自動車を徹底比較(日産編)

f:id:tkn2w:20171020145925j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

意外と知られていませんが軽自動車というジャンルは日本だけでアメリカやヨーロッパだけでなく、中国やタイやマレーシアのような東南アジアでも軽自動車は走っていません。
そのため日本を訪れた外国人観光客が日本で、軽自動車がたくさん走っているのを見てとても可愛いと称賛します。
日本国内のほとんどの自動車メーカーでは軽自動車を製造していますが、日産は配下の三菱と共同開発したDAYZ(デイズ)を販売しています。
日産のイメージは高級車ブランドのINFINITI(インフィニティ)を思い浮かぶる人が多いかもしれませんが、実は日産は新興国9カ国で低価格車のダットサンを販売しています。
日産からダットサンが販売されたのは大正3年(1914年)も前で、逃げるのが速いウサギの脱兎(だっと)から名付けられました。

 

2002年から始まった日産の軽自動車への参入

 

日産の軽自動車のラインアップはデイズ・デイズルークス・NV100クリッパー・NT100クリッパー・モコ・NVクリッパーリオ・ルークスですが、日産の軽自動車への参入は2002年からと意外と遅く同年にスズキ自動車から軽自動車「MRワゴン」のOEM供給を受けて軽自動車「モコ」を販売し始めています。
また新たな最高経営責任者に就任したカルロス・ゴーンが日産リバイバルプランの、目標達成を宣言し同年に2年ぶりにフェアレディZが復活しています。
日産の軽自動車のオリジナルブランド「Highway・STAR(ハイウェイスター)」
は、日産のミニバンのカスタマイズカーシリーズでルークスとデイズシリーズのみ軽トールワゴンです。
このHighway・STARシリーズは日産の工場で製造され納品されるので、一般のカスタマイズカーのように運輸支局での持ち込み登録を行う必要がありません。

 

日産を代表する軽トールワゴンのデイズ

 

日産の軽自動車「デイズ」は三菱自動車の3代目eKシリーズの後継車として、日産と三菱自工の合弁会社であるNMKVが共同開発した軽トールワゴン車です。
デイズは「日産が本当につくりたかった軽自動車」や「日産のすべてを、軽に。」というキャッチコピーにあるように、日産が初めて商品企画・開発・デザインの段階から軽自動車で日産らしく躍動感があるデザインや広々とした室内空間や「J」や「ハイウェイスターJ」を除きNA・2WD車にはアイドリングストップシステムが装備されています。
このアイドリングストップシステムは車を停止させる前の時速13km以下から作動するシステムで、燃費も全車で平成17年基準排出ガス75%低減レベルの認定を取得しています。

 

まとめ

 

デイズは2017年4月25日に特別仕様車の「Xモカセレクション」と「ハイウェイスターX プレミアムセレクション」が発売になり、チタニウムグレーメタリックとスカーレットメタリックの2色を含めた全12色から選べます。

 

usdm.shop-pro.jp