車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

基本的なメンテナンス~大切な愛車のために自分でやってみよう

f:id:tkn2w:20170912102350j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

初めてマイカーを購入した人を想定して、「これだけはやっておきたい」という基本的なメンテナンスを紹介します。
ベテランドライバーでも自分でメンテナンスをしたことがない人にはぜひ読んでおきたい内容です。
ちょっとした点検をするだけで、不愉快なトラブルを防止したり、愛車の維持費を節約したりすることができます。

 

愛車の「取扱説明書」を最後まで読んだことがありますか?


メンテナンスの第一歩としてまずおすすめしたいのは、愛車の取扱説明書を読むことです。
拍子抜けするかもしれませんが、取扱説明書にはとても大切なことが書いてああります。
「読んだけど忘れた」「最初のほうしか読んでいない」という人も多いのではないでしょうか。

まずは、グローブボックスから取扱説明書を引っ張り出だして、タイヤの空気圧(もしくは空気圧がボディのどこに記載されているか)、エンジンオイルの点検方法と交換時期、それにクーラント(ラジエーター液)の点検方法を確認しましょう。
ウィンドウウォッシャー液の補充方法やブレーキフルードの確認方法も一読しておくといいでしょう。

取扱説明書は、機械のことに疎い人が読んでもわかるように配慮されています。
逆に、「エンジンオイルの点検方法くらい知っているよ」という人でも、改めて読むと、意外に知らないことが書いてあるものです。
特に輸入車では、一般的な方法とは違う独特な点検方法を指定している場合も多いので、注意が必要です。

ときどきチェックしておきたい「空気圧」と「電圧」
初めて購入した愛車が新車か中古車か、中古車ならどれくらい以前のモデルなのかによって、必要なメンテナンスは違ってきます。
しかし、どんな車でも、定期的にチェックしておいたほうがいい点検項目もあります。
それは、タイヤの空気圧とバッテリーの電圧です。

 

「エアゲージ」でタイヤの空気圧をチェック


タイヤの空気は、パンクしていなくても次第に減っていくものです。
正しい空気圧より少なくなると燃費が悪化したり、ハンドリング性能が低下したりするだけでなく、1輪だけ低下するとまっすぐ走らなくなるので、非常に危険です。
また、高速道路で発生しがちなタイヤのバースト(破裂)は、空気圧の低下が原因となります。
最近のタイヤはパンクしても気が付きにくいのですが、空気圧をチェックすることでパンクを早期に発見することもできます。

タイヤの空気圧を測る「エアゲージ」は1,000円以下から市販されているので、ぜひ持っておきたいアイテムと言えます。
初心者なら、数値の読み取りやすいデジタル式が使いやすいでしょう。
洗車のついでに、あるいは遠出をするまえなどに計測し、空気が減っていればディーラーやガソリンスタンドなどで調整してもらいましょう。

usdm.shop-pro.jp