車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

車検時の必要書類のひとつ「自動車税納税証明書」は再発行できる

f:id:tkn2w:20170907234943j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 

自動車税納税証明書とは


自動車税納税証明書は、自動車税を納税したという記録が記載されている証明書のことです。
車を所有しているドライバーの元に、毎年5月になると自動車税事務所などから、この証明書が送られてきます。
自動車税納税証明書は「自動車税納税通知書」と「自動車税納税証明書(継続検査用)」が一体となっています。
車検時に必要になるのは、「自動車税納税証明書(継続検査用)」です。
また、自動車税を滞納していると、特定の欄に「*印」が記載されるため、車検前には内容を確認しておくようにしましょう。
そして実は、この自動車税納税証明書は、2015年4月1日から電子化されて管理されるようになりました。
この電子化によって、以下の条件を満たしている車の所有者に関しては、車検時に自動車税納税証明書を持参する必要がなくなりました。

・自動車税を滞納せず、きちんと支払っている
・最後に自動車税を納付してから、3ヶ月以上経過している

ただし、鳥取県と愛媛県に関しては、2015年の段階でまだ電子化が行われていません。
ですから、車のナンバー管轄が鳥取と愛媛に該当する場合は、上記の条件を満たしても車検時に自動車税納税証明書が必要となるので、注意しておきましょう。

 

自動車税納税証明書を紛失した場合の再発行手続き


どこを探しても、自動車税納税証明書が見当たらない…
こんなケースで長い期間探し続けていると、車検時期がすぐそこに迫ってきてしまうこともあります。
見当たらない時は無理に探そうとせずに、納税証明書の再発行を考えましょう。
自動車税納税証明書の再発行手続きは、以下の場所で行うことができます。

・各都道府県の自動車税事務所
・運輸支局場内の自動車税事務所
まずは、お住まいの地域から近い税事務所・運輸支局を探してみましょう。

再発行の手続きでは、以下の3つの書類が必要となります。
1.車検証
2.納税を行った領収証書(コピー不可)
3.身分証明書

 

お住まいの都道府県によっては、書類が必要ないケースもありますが、現地で確実に再発行するためには、上記3つの書類を全て揃えておくのが望ましいです。
また、印鑑も必要になる可能性もあるので、忘れずに持参してください。
全ての必要書類と印鑑を用意したら、自動車税事務所や運輸支局に行って、窓口などで再発行したい旨を伝えましょう。

 

以上の流れで再発行の手続きは完了しますが、ナンバーの売買や引越しなどによって都道府県ナンバーが変更された場合には、手続きの流れが少し異なります。
変更前の都道府県の自動車税事務所や運輸支局に足を運ぶ必要があります。
さらに、ナンバー変更前の「自動車税納税証明書(継続検査用)」も必要です。

 

中には、忙しくて運輸支局に足を運ぶ時間がない、ナンバー変更前の地域が遠いといった理由で、なかなか再発行の手続きを済ませられない人もいるでしょう。
そのような人は、再発行手続きを行いたい自動車税事務所に連絡を入れて、車検証のコピーと切手を貼った返信用封筒(宛先記入済)を用意しましょう。
封筒に車検証のコピーを入れて自動車税事務所に送ると、後日、自動車税納税証明書が送られてきます。

usdm.shop-pro.jp