車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

人気のカスタマイズ!ローダウンの方法やメリット・デメリット・費用・注意点

f:id:tkn2w:20170907233659j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 


ローダウンは若い人に人気のカスタマイズ方法です。


スポーツカーはもちろんのこと高級セダンからコンパクトカー・軽自動車、SUVまで車高を下げるパーツが豊富にあります。
見た目が良くなって運動性能が上がる車高短のやり方などを紹介します。

「ローダウン」とは、車高短(シャコタン)とも呼ばれる全体的に低く見せる車両カスタマイズ方法の一種です。
車高を低くすると全体的に締まって見え、ノーマルの車と差をつけて個性が出せるなどの見た目によるメリットのほか、曲がる時に安定するなど運動性能の向上が見込めます。
ノーマルの車高からローダウンする方法、メリット・デメリット、カスタムする時に気をつけることなどを紹介します。
「ローダウンカスタム」は、主に若い人に人気の車両カスタマイズ方法で、サスペンションの変更・スプリング(バネ)の交換を行い車両の車高(地面からの高さ)を下げることです。
1970年代後半から始まって、1980年代にはバネを切って短くして車高を下げる、極端な例ではサスペンション自体を外して車高を下げるなどの手法で、カスタムが行われてきました。

いまでは高級セダンからコンパクトカーや軽自動車、SUVまで様々な車種の車高を下げる専用のスプリングやサスペンションが販売されているので、手軽にローダウンカスタムをすることができます。

 

カスタマイズ方法は?


ローダウンカスタムの方法は、サスペンションやスプリングの交換をすることで行えます。
車両のローダウンをするために必要なパーツを以下で紹介します。

ダウンサスペンション(ダウンサス)
ダウンサスペンション(ダウンサス)とは、地面からの衝撃を吸収するサスペンションに巻いてあるバネを交換して車高を下げる方法です。
これは様々なメーカーから車種専用設計の通常とは短いバネが売られています。
サスペンションは、地面からの衝撃を和らげる「スプリング」と、バネの動きを制御する「ショックアブソーバー(ショック)」からなっていて、ダウンサスはスプリングの部分を交換し、ショックは元から使っているものをそのまま使用します。
ダウンサスは価格が他のパーツと比べて比較的安く4本で1万2千円ほど、カー用品店に交換を頼むと工賃がおよそ2万円~4万円ほどかかり、合わせて5万円もあればローダウンさせることができます。
通常のバネから短いバネに交換するので乗り心地が悪くなる場合があるのですが、お手軽にローダウンカスタムを楽しむことができるのです。

ダウンサス
価格 1万円
工賃 2万円
総合費用 3万円
メリットは手軽にカスタムできること。デメリットは車高を戻す時に手間がかかることです。

 

usdm.shop-pro.jp