車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

カスタマイズでタイヤをインチアップするメリットデメリット

f:id:tkn2w:20170907212943j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】


タイヤをインチアップさせた時に車体や乗り心地に生じるメリットを紹介します。
見た目がカッコよくなる

いままでより、自分好みデザインのホイールを選び、ホイールが大きくなりタイヤも薄くなるので、見た目がカッコよくなり愛着も湧きます。
また、同じ車種でもホイールやタイヤが違うと見た目も大きく変わるので個性が出しやすくなるのです。

 

車体が安定しやすくなる


標準タイヤより太い幅のタイヤを履くと地面と接する面積が広くなるので、グリップ力(路面を捉える力)が増します。
直線はもちろんですが、カーブの際にも車体がブレにくくなり走行が安定しやすくなります。

 

運転に気をつけるようになる


自分好みのホイールを選ぶと車に愛着が沸きやすくなるので「キレイに保っておきたい」と、汚れたらすぐに洗車するなどメンテナンスにも興味が高まります。
また、タイヤが薄くなるので必然的に地面とホイールが近くなり、いい加減に段差を超えるとホイールを擦って「ガリ傷」がつく場面が多々あります。
それを防ぐためにも「運転が丁寧になる」など、心理的に安全運転を務めるようになります。

 

タイヤをインチアップするデメリット


タイヤをインチアップすることで車体や乗り心地に生じるデメリットについて紹介します。

 

走行中の突き上げ感が強くなる


タイヤをインチアップすると偏平率(タイヤの薄さ)が低くなります。
それによって、マンホールを踏んだ時・段差を超える時などの衝撃を拾いやすくなり、ゴツゴツとした乗り心地に変化するのです。

 

ハンドルが重くなる


インチアップをすると今までのタイヤより幅が太くなるパターンが多くグリップ力が増すので、動かすことにより大きな力が必要になります。
しかし、今の車にはパワステ(電動や油圧でハンドルの動きを軽くする機能)がついているので、ほとんど気になりません。

 

走行音が大きくなる


突き上げ感が強くなるのと同じく平地を走っていても、タイヤが薄くなっているので走行中に床から感じる「ガーッ」という走行音(ロードノイズ)が大きいと感じることが多くあります。
どうしても気になる場合は、フロアマットの下に吸音材を敷くなど、騒音対策をすることでロードノイズが軽減されるようになります。

 

燃費が変わる


標準サイズのエコタイヤから、インチを大きくしたタイヤ・ホイールを履いた時や、タイヤが幅広になりグリップ力も増すので発進する時の力も強くなり気持ちアクセルを踏み気味になるなど、燃費が悪くなる傾向にあります。
「静かな発進を心がける」「急加速を多用しない」など、運転の仕方によって燃費を変えることが出来るので、タイヤをインチアップしたら心を広く落ち着いて運転するようにしてください。

usdm.shop-pro.jp