車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

もし電気自動車を買うならばどこのメーカーがお勧めか

f:id:tkn2w:20170812214729j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】



車を購入する時はどこのメーカーにするか、だいたい決めている方が多いようです。
セダンタイプであればトヨタの自動車が良いとか、軽自動車のワゴンタイプを買うのであればスズキで買うとかです。
しかし日産自動車のガソリン車のノートに乗っている人がいざ電気自動車を買う場合に、同じ日産自動車の電気自動車のリーフを何の迷いもなく買えるかと言えばそうでもなさそうです。
特にガソリン車やハイブリッド車に乗り換える場合は、全てのメーカーの電気自動車を比較検討してからじっくりと購入した方が良さそうです。
そこで今回はどこのメーカーの電気自動車が、最もお勧めなのか詳しく検証してみます。


先駆者テスラモーターズの電気自動車



テスラモーターズは世界でも数少ない電気自動車専業メーカーで「モデルS」と、「モデルX」と「モデル3」の3車種がラインアップされています。
「モデルS」は大人5人と子供2人が座れるセダンタイプで、家庭用コンセントから充電が可能で充電の時間はわずか45分で最高約613kmの走行が可能です。
わずか2.7秒で100キロまで加速することができ、気になるテスラモデルSの新車価格は878万4720円から2046万0600円とガソリン車と比べると庶民には手が届きにくい価格です。
ただ2016年4月1日に発表された「モデル3」の新車価格は、3万5000ドル(約385万円)とガソリン車とあまり変わりません


世界で一番売れている日産の電気自動車



日産の「リーフ」は2012年から量販されている5ドアハッチバック型の電気自動車で、これまで累計20万台が販売され世界で最も売れている電気自動車です。
2015年12月にバッテリーの容量が24kWh→30kWhに拡張され、国内の1750ヵ所のディーラーに急速充電器が設置されています。
月に2000円の定額でディーラーに設置された急速充電器を無制限に利用でき、バッテリー残量警告灯が点灯した状態から30分で電池容量の80%まで充電することができます。
リーフの新車価格は280万3680円から456万4080円です。


まとめ



三菱自動車も日産自動車と並んで電気自動車に力を入れている自動車メーカーで、軽自動車のアイミーブや軽バンのミニキャブ・ミーブバンなど4車種が電気自動車です。
トヨタ自動車本からはプリウスがプラグインハイブリッド車として販売されていますが電気自動車のラインアップはなく、ホンダ自動車もフィットとプラグインハイブリッド車のアコードをリース専用車としてリリースしていましたが現在は行っていません。
電気自動車の性能に関してはガソリン車と大差がなく、後は価格と充電スポットが決め手になりそうです。

usdm.shop-pro.jp