車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

自動車メーカー各社の衝突軽減ブレーキを検証(日産自動車編)

f:id:tkn2w:20170809071912j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】



衝突軽減ブレーキのセンサーは大きく分類するとステレオカメラや単眼カメラなどのカメラやミリ波レーダーや赤外線レーザーの3種類がありますが、衝突被害軽減ブレーキとは自動車が先行車や人などの障害物を自動的に感知して衝突を避けたり軽減する機能のことです。
交通事故を未然に防ぐアクティブセーフティと呼ばれる予防安全と、事故が実際に起きた場合の被害の軽減を目的とした、パッシブセーフティと呼ばれる衝突安全の技術が取り入れられています。
日本では機能や技術を過信してしまうという理由で、走行中の自動車の自動停止はあえて規制されていました。
しかし2017年に入り自動車メーカーの衝突軽減ブレーキは、ほぼ全てが自動停止が可能なタイプです。そこで今回は日産自動車の、衝突軽減ブレーキに関して詳しく検証していきます。


日産自動車の低速衝突軽減ブレーキの機能



日産自動車の低速衝突軽減ブレーキは時速15キロ未満で走行中に障害物に衝突する可能性がある場合に、バンパーに取り付けられたソナーがその障害物を検知しドライバーに警報音を発したり警告灯を点滅させることによって危険を知らせます。
さらに万一ドライバーがブレーキを踏むのが遅れたとシステムが判断すると、警報音やメーター表示での警告と共に自動的にブレーキが掛かり衝突を回避したり被害を軽減します。
取り付けられたソナーが先行車や人などの障害物があるかどうかを判断し、もし先行車や人が前方にいる場合には距離や先行車や歩行者の速度までも測定します。


日産自動車の安全技術開発の取り組み



日産自動車のエマージェンシーブレーキは時速約10キロから80キロの範囲で走行中に、前方の先行車や歩行者と衝突する可能性がある場合に自動的に停止したり減速します。
ただ道路の状況や大雨などの天候によっては、フロントに取り付けられたカメラの認識性能に限界があるようです。
この他にも日産自動車の安全技術としては踏み間違い衝突防止アシストがありこれは駐車する時などに前方にある障害物を検知し、ドライバーがその障害物に気付かないでアクセルを強く踏み込んだ場合に警告音と画面表示でドライバーに注意を促します。
さらに踏み間違い衝突防止アシストが自動的にブレーキをかけ、障害物との衝突を事前に防ぎます。


まとめ



確かに縦列駐車などは初心者や女性のなかには苦手にしている人も多いので、日産自動車の踏み間違い衝突防止アシストがあれば後方が見えなくても安全に行えそうです。


usdm.shop-pro.jp