車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

中古車は下取りと買取りではどっちがお得かを検証してみる

f:id:tkn2w:20170809071634j:plain

 

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】


今まで乗っていた車を売り新車を購入する場合に愛車を下取りに出すのと、自分の車を売った上で新しい車を買うのがいいのか迷うことがあります。
新車を購入する場合に愛車を下取りに出すのであればディーラーが車の査定を行い、自分の車を売るのであれば中古車専門の販売業者や買取専門店が車の査定を行います。
同じ車でもディーラーと中古車専門の販売業者や買取専門店とでは、当然のことかもしれませんが査定のポイントも違ってきます。
そこで今回は下取りと買取りでは、どっちがお得かを詳しく検証してみます。


自動車の下取りと買取りはでは何が違うのか?


まず自動車の下取りとは今まで乗っていた車を売り新車を購入する際に、車を購入するディーラーなどにその車を売って新車の購入代金の一部に充てることを指します。
それに対して自動車の買取りとは中古車専門の販売業者や買取専門店にいま自分が乗っている車を売って、新車に買い替える時にそのお金を購入代金の一部に充てることを指します。
下取りも買取りもその車のメーカー・年式・走行距離・グレード・状態・オプションなどから市場価格を割り出しますが、下取りと買取りはでは新車を売りたいディーラーと中古車を買って再販する中古車専門の販売業者や買取専門店の思惑が違ってきます。


では下取りと買取りではどちらがお得なのか?


結論から言えば下取りと買取りではどちらがお得なのかは一概には言えず中古車専門販売店や買取専門店の場合は、あなたが売りたい車をさまざまな観点から査定して買取価格を出します。
それに対してディーラーの場合は新車の販売価格を大幅に割り引くことができないため、下取りの査定金額を割増すことで新車を購入して貰うこともあります。
またキャンペーン中だとディーラーの営業も販売目標に達成するために、通常の査定金額に上乗せしたりすることもあります。ただもしあなたが下取りすることを前提にしていると見透かされると、ディーラーの営業もそれなりの査定金額を提示してくることも忘れないようにしましょう。


まとめ



以前であれば新車に買い替える場合は下取りに出すことが普通でしたが、最近では中古車専門販売店や買取専門店に買取りしてもらう人がずいぶんと増えています。
新車を買う場合も最初からディーラーに下取りに出すと決めずに、中古車専門販売店や買取専門店で買取ってもらう場合の見積もりを出して貰うのも一つの方法です。
その上でディーラーの営業と交渉してより有利な査定金額を提示させたり、場合によっては中古車専門販売店や買取専門店に買取ってもらうことも選択肢の一つにするのも手です。

usdm.shop-pro.jp