車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

車を購入するならば新車がいいのかそれとも中古車がいいのか?

f:id:tkn2w:20170809071016j:plain

 

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】


車を購入する時に新車にするかそれとも、中古車にするか迷うことってありますよね?
もちろんのことですがお金に余裕があるならば誰でも、新車を買いたいと思うのが当然かもしれませんが同じ予算でも、新車にするか中古車にするか迷うこともあります。
新車でもいま乗っている車を下取りか買取に出したり、カーローンを利用すれば欲しい車種が購入できる場合もあります。
そこで今回は新車を購入するメリットと中古車を購入するメリットと、それぞれのデメリットについて詳しく検証してみます。


新車を購入するメリット


新車を購入する1番のメリットは自分の好きなボディカラーを選んだり、内装なども布製のシートを革製にしたりオプションから自由に選べることです。
発売されたばかりの新車を購入して自分の好きなようにカスタマイズすると、世の中で自分だけの車に乗れるという楽しさは中古車では味わえないものです。
次に自動ブレーキシステムなど最新の安全技術が搭載された新車に乗ると驚きと感動でいっぱいで、さらに中古車と違ってこれまで誰も乗っていないので何の不安もありませんよね。
新車を購入するメリットは燃費がいい車が多い上に、排ガス規制に適合しているので税金面でも優遇されます。


中古車を購入するメリットとデメリット



中古車を購入するメリットと新車を購入するデメリットで最も共通しているのは購入金額で、中古車を購入するメリットは購入金額が安いことで新車を購入するデメリットは購入金額が高くなることです。
つまり逆の言い方をすれば新車を購入するデメリットは購入金額が高くなることくらいで、中古車を購入するメリットは車を購入する費用負担が少ないので金額によっては現金で買えたりします。
ただ掘り出し物の中古車を購入してもその車を下取りか、買取に出してほとんど値段が付かないことがあります。
それと中古車を購入するデメリットは当たりはずれが多いので、車を購入した後の修理代が思いのほか掛かることもあります。


まとめ


中古車を購入するのであれば走行距離が1万キロ未満の新古車であれば、ワンオーナー車がほとんどで新車購入と比べるかなりお得な金額で程度が良い車を買えます。
安い中古車を購入しようすれば自分が希望するような車がなかなか見つからない可能性もあり、走行距離が5万キロを超えているような中古車だと下取りや買取してもらえないこともあり得ます。

usdm.shop-pro.jp