車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

車の名義変更の流れを分かり易く解説します!

f:id:tkn2w:20170809070739j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

 


車を譲り受ける際や人に譲る際、所有者の名義変更が必要となります。



車の名義変更の一連の流れ!まずはどこに行けばいい?
車の名義変更にあたって、行かなければならない場所を順番に説明します。
旧所有者から受け取る書類を集める
 
旧所有者から受け取る書類としては以下の通りです。
・印鑑証明書(※3ヶ月以内のものを受け取る)
・実印を押した委任状
・実印を押した譲渡証明書
※印鑑証明書の住所と車検証に記載の住所・氏名が違う場合は、住民票が必要となります。
 
委任状と譲渡証明書に関しては、インターネットからダウンロードしたものに、記入、押印すればすぐに集める事ができます。
 
印鑑証明書に関しては、旧所有者の本籍地の市町村役場に実印を持って行き、200~400円支払って発行してもらいます。
 
※実印を登録していない場合は印鑑証明書が発行できないので、まずは印鑑登録をして、その後印鑑証明書を発行してもらう必要があります。
 


自分が必要なものや書類をそろえる


自分で揃える書類や必要なものとしては以下の通りです。
・実印
・印鑑証明書(※3ヶ月以内のもの)
・車庫証明(※1ヶ月以内のもの)
実印を既に持っていて、印鑑登録を行っているなら、実印を持ってお住まいの市区町村役場に行けば、印鑑証明書を発行してもらえます。
※実印の印鑑登録をしていないのなら、印鑑登録を最初に行い、その後印鑑証明書を発行してもらう必要があります。
 
車庫証明に関しては、管轄の警察署で申請する必要があります。車庫証明の発行に必要なものは以下の通りです。
・自宅から駐車場までの周辺地図
・4枚つづりの申請書(警察署で貰えます)
・自宅駐車場と、その周辺道路の幅などの計測
・使用承諾書or駐車場契約書(駐車場の管理会社に問い合わせる)
 
ここまで用意が出来れば、後の書類は名義変更当日、陸運局で揃える事が出来ますので、実際に譲り受ける車と車検証を持って管轄の陸運局に行きましょう。
 
※他府県から車を譲り受ける場合でも、旧所有者側の管轄ではなく、新所有者(譲り受ける側)の管轄の陸運局に行きます。
 
管轄の陸運局(陸運支局)へ行く
ここまで紹介した書類を揃える事が出来れば名義変更も最終段階です。
 


当日に陸運局に行って記入・提出するものとしては以下の通りです。


・申請書
・手数料納付書
・自動車税・自動車取得税申告書
上記は、直接行って案内に従えば、書類によって、配布または購入と言う形になります。
揃えた書類と、当日に記入した3つの書類を提出すれば無事に名義変更は完了となります。
 

usdm.shop-pro.jp